A Day in the Life

🇹🇷アヤソフィア・地下迷宮・バザール・サバサンド / 世界一周156日目

またまた旧市街へ。先日は時間がなくて見れなかった、アヤソフィアを見る。外観はボロい(失礼)のだけど、内側はドームの巨大な空間で、大きな開放感があり豪華だ。内側も大きな修復工事中なのだけど、それを差し引いても圧巻。

もともとビザンティン帝国時代はコンスタンティノープル総主教座、つまりキリスト教の大聖堂だったのだけど、オスマン帝国時代はイスラーム教のモスクとして改築されていったという特徴的な建物で、異文化が交わり合ってなるほどの建築物だ。

続いてお隣のイスタンブール地下宮殿へ。実際は地下宮殿ではなく、地下の貯水池なのだけど、たくさんの柱が建っていて、なるほど宮殿と言うのも頷ける。地下を照らしている灯は暗く、静かな雰囲気が出ていて良いのだけど、カメラ(スマフォ含む)のフラッシュが自動発光になっている人が多いため、パシャパシャとフラッシュが焚かれまくっていて残念。

ちょっと歩いて、グランドバザールに行き、その後エジプシャン・バザールへ。グランドバザールの方が広いのだけど、エジプシャン・バザールは改装されたのか綺麗な感じだ。エジプシャン・バザールの方が安い、という話を聞いており、たしかに安かったのでちょっと買い物をした後、外に出て歩いていると、ローカル店ではさらに半額以下で売っていて(大した額じゃないのだけど)ショック。やっぱりローカル店は安いなぁ。

小腹が空いたので、ガラタ橋たもとの船で売っている、B級イスタンブールグルメで有名なサバサンド(15トルコリラ≒265円ほど)を食べる。フランスパンの中にレタスとオニオン、そして船の上で焼き立てのサバを挟んで出来上がり。注文から出てくるまで20秒ぐらいのファストフード感も良いね。味は想像の通りだったのだけど、脂の乗ったサバで、ふつうに美味しいぞ。サバを久しく食べていなかったので懐かしの味わいで美味しさアップ。小骨やウロコがあって食べにくい、みたいなレビューが結構あったのだけど、ほぼ気にならない程度(ちょっとはあったけど)でペロッと食べてしまった。