A Day in the Life

ブレードランナー&2049を観る / 2021年1月23日

2019年11月のホーチミンの夜をスチームパンク風現像。ギラギラネオン(今はLEDだけど)の東南アジアの夜はそれっぽくなる。


スチームパンクの映画、といえば誰しも思いつく名前がブレードランナー。しかしブレードランナーは未だに見たことがなかったので視聴する。うおー、THEスチームパンク!イメージするスチームパンクの世界観が詰まっている。これが1982年に公開されたのか…。ひらがな・カタカナ・漢字・中国語のネオンが入り交じる、東京と香港のような都市。空に浮かぶ巨大なディスプレイには、江戸時代の結髪の女性広告。町中は東南アジアの雰囲気も加わり、日本語含めたあやしい言葉が飛び交う。どこも薄暗く、緑・青・紫の光源。すばらしい世界観。

当時は難解なストーリーと思われていて、劇場公開時は監督の意に反し、説明のテロップが入り、エンディングもディレクターズ・カット版とは違うバージョンだったらしい。興行成績も当時は振るわず、時代が進んで理解できる人が増え、作品の評価が後に高くなったのだろう。

続いて、監督は異なるが続編に当たるブレードランナー2049を観る。こちらもストーリは面白ろかったのだけど、舞台美術は今風のCGを駆使した近未来SFという感じで、THEスチームパンクとは結構異なる。ブレードランナーはCGが殆どなかった1981だからこそ撮れたあの表現なのだろうなぁ。


スチームパンクで話題といえば、ゲームCyberpunk 2077なのだけど、8時間ぐらいプレイしたところで止めている。Cyberpunkのナイトシティの美術は素晴らしく、スチームパンクのような彩色、フレアやゴースト、フィルム粒子を再現している表現などどれも良い。ナイトシティをぶらぶらと観光しているだけでも楽しい。ただプレイ環境がPS4(初代)で、表現に対してあからさまにスペック不足で、きちんとレンダリングされたナイトシティを観ることが出来ず、非常にもったいないと感じ、PS5が買えたら再開したい、と思い続きをプレイできていない。

なおPS5はちょくちょくネットで抽選販売しているところに申し込んでいるけど、当たる気配無しの悲しさよ…。


最近、オールドレンズ目当てでヤフオクを再開したのだけど、フリマサービスに慣れた身にとって、とりわけ買い手側からすると使いにくいUX。即決価格が無い限り値段は最後まで決まらないし、買えるかどうかもわからないし、タイムラグも数日発生する。

ただオールドレンズの在庫は他のフリマアプリより圧倒的にあって、出品者側は積み上げられた評価実績、在庫と関連付けられるツール各種(フリマアプリは自動出品ツール利用が禁じられている)、最終的に値段が上がりがち、等々、ビジネスでやっている業者側にとってはヤフオクのほうが断然使いやすい、というのもなるほど。

売り手が個人なのか、業者なのか、によってUXが変わってきて、個人の売り手にフォーカスを置いて根こそぎ個人売り手ユーザをかっさらっていったフリマアプリやるなぁ、と思ったのであった。

初めてヤフオクを2000年初期に使った時は、「オークションに参加できるなんて楽しい!」「どんどん値段が上がっていって儲かった嬉しい!」という新鮮な気持ちだったのだけど、今はサクッと売り買いしたい、というお気持ちに。

IMA のスティーブン・ショア特集 / 2021年1月22日

今日は暖か天気だったけど、横浜ではこの冬では一番空が濁っていて、外は煙たいような工業的な匂いまでしていた。


先日、ニューカラーのことを書いたら、K氏から IMA Vol.32 でスティーブン・ショア特集やってたよ、ということを教えてもらい早速購入する。

紙面では、数十ページにわたりピックアップされた、スティーブン・ショアの作品アーカイブがあり、それも良かったのだけど、本人によるコラム(以前どこかに書いたものの邦訳)や、『10組の写真家からショアへの10の質問』でスティーブン・ショアの考え方・作品作りについて知ることが出来たのがとても良かった。

彼は自身を「分析的な傾向の強い写真家」と称し、初期は物理的な理解、レンズを買うと徹底的に使い込み特性を理解し、またフィルム現像でも様々方法を学習・習得したという。次の段階では、自分の視覚・フレーミングの関係性をどう掴むか、初期の代表作American Surfaces では35mm判を中心としたスナップショット的なアプローチを、そして次のこれまた代表作の Uncommon Places では 8x10 の大判カメラ(巨大!)で慎重に構図を決め写真を撮って、するとさらなる問が湧き出てくる。また同時に、基本シャッターは1度しか切らない、つまりどんな場所でもその一枚を撮ることに徹底的に集中して考え撮影する。これらを繰り返すことで、自分が何を求めているか、どんどん撮るスピードは上がっていき、どの構図でカメラをどこに置いて撮ればよいか、すぐに分かるようになったという。そして3つ目の段階では、自分だ撮ろうとしている写真を脳でイメージしてそれを微調整して、迷うことなく正しい判断ができ、カメラを持ってどこに立つか、を考えることが無くなったという。

30代で二つ目の境地に達し、40代で3つ目の段階に達し、そして今もInstagramでiPhoneを使って今にあった写真撮影(iPhone以外でもハッセルブラッドの中判デジタルカメラでも撮影し、たとえば120cm x 160cm の巨大な写真前提の作品作りなどを行った)をして変化し続けている、ということでほー凄い…という感嘆。

読めてよかったこの特集。スティーブン・ショアの写真集American SurfacesとUncommon Placesも必見だなぁ、とamazon.comで注文する。


夕方散歩。ベイクォーターではランタンが飾り付けられていた。

撮影機材ILCE-7C/Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II SC VM

2021年1月21日

久しぶりに髪を切りスピードカットへ。15分1200円でスッキリ。Web から混雑状況が解るので空いてるタイミングで行けるし、髪型にとりわけ不満もないし、ほとんど人と会わないし、最近は高いヘアカットに行く意欲が全くなくなってしまった。

商業複合施設に入っているので、買い物ついでに切れるし場所的にも便利だ。そのスピードカットの横からスーパーを見下ろした写真。


前のエントリーで書いている、Jupiter-9の無限遠を直したついでに、これまた ebay で買った Jupiter-8 (たしか24$) の指標位置も直す。Jupiter-8 も指標がマウントに装着すると真下に来てしまう。レンズは綺麗で無限遠もちゃんと出るしヘリコイドもだいぶ滑らかなのだけど、分解清掃した人が組み立てを適当にやってるからなのか、指標位置がおかしい。

分解途中に小型イモネジをなくさないよう、ネジが転がっても落ちないようにフチがあるトレーで分解する。ただ今回はイモネジをなくさなかったのは良いが、一つのネジはマイナス部が割れ、別のネジはなめてしまった。この Jupiter-8 は 1963年製だったので、だいぶもろくなっていたのだろう、今後は気をつけねば。代替のイモネジを買えればよいのだけど、特殊なネジなのでどこか売ってる所はあるのかなぁ。

組み立て直し、指標がいい感じの位置になるようになったのだけど、途中油を拭き取ったため絞りリングの回転がスムーズでなくなってしまい困った。が、丁度ネットで買った光学用 ヘリコイドグリス #30が到着し、塗ったらスムーズに。買ってよかったヘリコイドグリス。Jupiter-8よりグリスのほうが高いのだけど、今後もレンズメンテで使うであろうということで。

徐々に増えていくレンズ関連ツール。


早速 Jupiter-8 で近くを撮る。彩度低い味わい。自分でメンテナンスすると愛着が湧いてくるなぁ。

撮影機材E-M1MarkIII/ILCE-7C/Jupiter-8 50mm F2/OLYMPUS M.60mm F2.8 Macro

Jupiter-9 のアンダーインフを直す

先日 ebay から 120$ で購入した、ライカL39マウント版Jupiter-9 (1980年製・LZOS工場) が絞り開放時、アンダーインフとなり無限遠がでなくて困っていた。F5.6ぐらいまで絞ると、無限域にピントが合う。今使っている a7C + ライカMマウントアダプター + MLリングの他のL39マウントレンズとの組み合わせではすべて微妙にオーバーインフ気味で、オーバーインフはそんなには困らないので良いのだけど、アンダーインフは無限遠にならないために困る。

アンダーインフを直すには、イメージセンサーとレンズの距離を縮めることができれば良いので、どうにかならないかなーと Jupiter-9 をバラしてみる。構造は、LZOS (リトカリノ光学硝子工場) JUPITER−9 85mm/f2 black《前期型》(L39)に詳しく書いてある(ありがたい)ので、これを参考に。

ばらしていくと、前部と後部の間に0.1-0.3mmぐらい(目測)のアルミのリングがはさまっている。製造工程でのフランジバックのばらつきを、薄いアルミのリングを入れることで個体ごとに調整していたのだろう、たぶん。というわけでこのリングを取っ払ってイメージセンサーとレンズの距離を縮め確認すると、無限遠にピントを合わせることができるようになった、やった!

しかしながら、前部と後部のねじ込み時の位置が変わってしまったため、絞り指数が書いてある箇所がレンズの下になってしまうようになったため、前部をある程度ばらして、絞り環の位置を調整する。赤丸ポチはレンズ下のママだけど、絞り環の指数は上に来て見えるようになったので良しとしよう。

途中、小型のイモネジを机から落としてしまい、探したけど見つからず、無くなってしまったどうしよう、とうろたえていたら、妻が椅子の上に落ちていたのを見つけてくれてことなきことを得る。レンズ各所で使われているイモネジは1mm-2mm前後と小さく、0.9mmの精密ドライバーを初めて使った。

なお今回はアルミリングを取っ払うことでアンダーインフを解消したけど、これが他に悪影響を与えるかはわからないし、本当は後部をばらして微調整するとうまくいくのかもしれないが、それはやってないのでわからず。

またこのレンズが手元に届いてからいまさら気づいたこととしては、ニコイチ品だったこと、アンダーインフだったこと、絞り羽根に油が結構ついていた(ほって置くと油が固まって、絞りに不具合が出る)。それ以外は、レンズもそれほど古くなかったためか良好な状態だった。

ニコイチ品とはもともと1つのレンズではなく、別の個体を組み合わせて作られた品。前部は海外輸出用(表記がJupiterと英語)、後部は海外輸出用ではない(made in U.S.S.R が書いてない)ことから解るようだ。


Jupiter-9 は M42 マウントと Zenit M39 マウント版もあり、とりわけ Zenit M39版はL39とスクリュー経が同じでL39に取り付けることができるらしいのだけど、フランジバックの距離がL39とは全く異なるため、L39レンズとして使おうとするとまともにつかえない。ということを知らずに、運良くL39版を買った(M39が安く売っていたらそっちを購入してそうだった)ので良かった。

撮影機材E-M1MarkIII/Jupiter-9 85mm F2/OLYMPUS M.60mm F2.8 Macro

横浜のロープーウェイ / 2021年1月20日

桜木町から新港地区へのロープーウェイ、いつのまにかゴンドラが空中配備されていた。4月22日から運行開始予定らしい。1,000円という値段は交通手段と考えるとだいぶ高い(歩いて十分いける距離とルートだしね)のだけど、高所からの観光料金、と考えるとそこまで高くはないかなぁ。夜景が綺麗そうなので、夜に一度は乗ってみたい。


朝散歩は Jupiter-12、夕方散歩は Jupiter-9 で撮影する。今日は大寒で、寒さが最も厳しくなる時期、ということで朝はやたら寒かったのだけど、夕方は日が射した後だったため、それほど寒くなかった一日。

撮影機材ILCE-7C/Jupiter-9 85mm F2/Jupiter-12 35mm F2.8

ニューカラー / 2021年1月19日

暗い雲は夜明け前は単色の、ただののっぺりとした雲に見えるのだけど、太陽が当たり始めると空と雲の境界に階調が出てきて綺麗。


以前日記に書いていた、ジョギングした、というメモを付けるのを数日前から辞めている。以前は日記に書くことで、ちゃんとジョギングをするのだ、という習慣化に役立っていたのだけど、今はジョギングもしくはFit Boxing 2 をほぼ毎日継続できているので、とりわけ日記に書かなくとも続けられるようになったからだ。60日続けば一節によると習慣づくらしいが、始めてから2.5ヶ月たったし、習慣化されたのかな、と思う。


1970年前後に起きた、新しい写真家達のニュー・カラー、という風潮を知る。モノクロ写真がアートだった時代に、まだ記録写真としての位置づけだったカラー写真のアート分野を切り開いた、アメリカの写真家達の写真がニュー・カラーらしい。大判カメラで切り取られた、アメリカの風景。すごく好きな色合いだ。

そのうちの一人のStephen Shore のウェブサイトではある程度写真がウェブ上でも観れる。heightが480px固定なのだけど、実際の画像は長辺1600pxぐらいある。ただファイル名は連番.jpg になっていて、アレして見るのに優しい。

写真集も買いたいけど、日本では売っておらず輸入版になり、倍ぐらいの値段がしてしまうのだよなぁ。


夕方、東神奈川駅あたりまで散歩する。Jupiter-12、レンズの汚れが気になることもあるけど、気にせず撮ればこれはこれで問題ないし、味とも感じられる。

撮影機材RICOH GR III/ILCE-7C/Jupiter-12 35mm F2.8

現像練習・2019年4月26日のヘルシンキ

2019のGWに行った北欧、フィンランドのヘルシンキ二日目の4月26日から再現像。一枚目はヘルシンキ大聖堂。ヘルシンキは毎日曇りだったなぁ。

ヘルシンキ駅そばの広場。このころは16-35mmをつけてて、超広角が必要ない画角でもほぼ16mmで撮っていたな…。

Linux が生まれたヘルシンキ大学、の図書館。本屋だと思って入ったら大学だった。フィンランド、どこもかしこもおしゃれだったな。

撮影機材ILCE-7M3/FE 16-35mm F4 ZA OSS

早朝の万葉倶楽部・書籍デジタルでフィルムを再現したい / 2021年1月18日

みなとみらいの万葉倶楽部、朝6~9時の3時間で1480円ポッキリ(+消費税,入湯税)ということを知り、早速朝6時に入りに行く。朝温泉と朝サウナ、露天・外気浴で朝日も拝めるし最高である。

人もこのご時世だからかほぼおらず、安心安全なお気持ち。


午後は Jupiter-9 をつけて山手を散歩。元町商店街は月曜は休みの店が多い、という事がわかった。

今日の現像は、ポジフィルム風マゼンダ風味で。現像後のファイルを一覧で見ると、マゼンダの色合いが良い感じに、というかただマゼンダ色です、という風味になってしまった。


書籍デジタルでフィルムを再現したいを読み終える。この本は、ネガフィルムの Kodak Portra 400 をベースとし、フィルムっぽい現像を Lightroom CC で再現するには、という解説書。よくある解説の、こんな現像は Lightroom でこういうパラメータ、というTipsではなく、ベースとなるフィルムプリセットを使って、「フィルムっぽい質感とは」を解説しながら、仕上がりをイメージした物にするにはなぜこのパラメータをいじるか、を一つ一つ丁寧に解説している。

現像に対しての考え方に筋が通っているため、ただの Tips ではなく、パラメータ各種の影響(とりわけ色関係)も理解することが出来、フィルムを再現するにとどまらず、良く出来た Lightroom 現像解説本で読んでとてもよかった。


【インタビュー】『北北西に曇と往け』入江亜季のアトリエ大公開を読む。ネーム、ポメラでも書いているなんて!仕事資料写真はGR3(たぶん、とワイドコンバージョンレンズ)で撮ってフィルム印刷してまとめているらしい。趣味用はライカCLのようだ。

森薫や入江亜季、職人という感じでとても好きなんだよなぁ。良いインタビューだった。まだ北北西に曇と往け5巻読んでないので、これから読もう。アイスランド、昨年夏に行ってる予定だった(そのために国際免許証をとったのだった、1年有効だからもう失効してしまった)んだよなぁ、あー行きたい。

撮影機材ILCE-7C/Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II SC VM/Jupiter-9 85mm F2

AUTO ROKKOR-PF 58mm F1.4・ポッドキャスト収録 / 2021年1月17日

ミノルタの AUTO ROKKOR-PF 58mm F1.4 が届いた、ので付けて散歩する。MCでないほうのロッコール(後期型)。現像はフィルム風に。

最近は昔カメラとセットで売られていた標準レンズ、画角50mm前後F1.4~F2のレンズを、安いこともあって多々買ってきたのだけど、このへんはそろそろマンネリ気味なので、買うペースを落としていきたい。


夜、友人のポッドキャスト収録にゲストとして参加させてもらう。ポッドキャスト、出るのも久しぶりだし、なにより懐かしい話を色々出来て楽しいひと時だった。

撮影機材ILCE-7C/AUTO ROKKOR-PF 58mm F1.4

現像練習・フィルム風・2019年7月頃の東京タワー

昔の写真を見返す、と同時に別の感じに現像するとどうだろう、とフィルム風。フィルムを使ってきた人にとっては、「フィルム風」というのはなにやら違和感があるのだろうな、という気がする。30年後ぐらいに、センサ技術の向上と画像補完技術によって、スマフォでも今のフルフレームカメラと差が無い十分な写真が撮れるようになったら「デジタル一眼レフ風に現像しました」と言われるような。

フィルム風、といってもフィルムによって現像される色合いがだいぶ異なるようだし、もちろんカメラ・レンズによっても絵が異なる。自分にとってのフィルム風とは、ぱきっとしたシャープさはない(レンズ性能)、黒が黒くない、ぐらいしかまだわからない。しかしながら、自分にとってのフィルム風、をイメージした現像は正解はわからずとも昔の記憶を探るようでなにか楽しい。

撮影機材E-M1MarkII/LEICA DG 8-18/F2.8-4.0