A Day in the Life

木下大サーカス・XR RIKENON 50mm F2 和製ズミクロン / 2021年1月16日

近所に来ていた木下大サーカス、無料招待券をもらった(ありがとうございます)ので観に行く。コロナ禍だからこそ、会場ではマスクや消毒・体温測定は徹底していて、客席でマスクを外す人がいると優しく注意しに来ていた。人の入りは土曜だけれども、空き椅子を見ると満員時の2-3割ぐらいなのかなぁ。

サーカスを生で見るのは何年ぶり(というか何年、という歳月では見た記憶がない)で、次々と間髪入れずにショーが目まぐるしく変わり面白い。とりわけいくつかのショーは、これを事故らずにやるのは凄い…と興奮というより背筋がヒヤッとする恐ろ面白さ。コロナ禍でも問題なく続けられるとよいのだけど。


XR RIKENON 50mm F2 (初期型)が届く。このレンズはその昔 Pentax の標準レンズで、世代的にも何世代かあるようけど、買ったのは最短撮影距離が45cmでヘリコイドが金属の1世代目。

その昔雑誌でレンズ解像度性能がズミクロン(ズミクロンとはライカ製のF2レンズのことを指す、世代やマウントごとに設計が異なる)並だった、ということで和製ズミクロンと誰かが呼び始めたらしい【要出典】、というもの。ネットを探しても基本「和製ズミクロンと呼ばれるらしい」という情報しか見つからない。なお雑誌写真工業1979年12月号「カメラレンズの画質は向上したか」-50mmF2レンズの変遷が元ネタソースらしい。

そして使っている人の殆どはズミクロンを持っていないので比較されてない記事がほとんどなのだけど、「和製ズミクロン」といつの間にか呼び名がついてしまったのは、マーケティング的に凄い。気になってほしくなって買ってしまう、つまり私。私ももちろんズミクロンを持っていない。

ちなみに本家ズミクロンVS和製ズミクロン対決!が比較画像を載せつつ解説している。

個人的にオオッ、と思ったのはF2.8から光芒が伸び、F4ではギラッギラの光芒になる。6枚絞りなので、6線の光芒はうるさくなりにくく、アクセントにほどよい。


今日はこのレンズを付けて、朝散歩・夜散歩など。

撮影機材ILCE-7C/XR RIKENON 50mm F2

Jupiter-12 のレンズ清掃 / 2021年1月15日

朝散歩は Jupiter-9 と。重さは320g程度とL39マウントにしては割と重いのだけど、背がそこまで高くないのでa7Cにつけても丁度よいしっくり感。絞っても丸ボケが崩れないなーと思ったら、15枚絞りなのか!


レンズを開けることができる工具、通称カニ目レンチが届いたので、Jupiter-12 を開けてレンズを清掃してみる。Jupiter-12 は比較的簡単な構造で、こんな感じで分解できる。初めてのレンズ分解だったのでおっかなびっくりだったのだけど、レンズをバラすだけなら簡単だった。強いて言えば前玉レンズの分解がガチガチに固くて、ソフトプライヤーを使ってなんとか開ける。買っててよかったソフトプライヤー。

レンズ構造は、PT0805の通りの6枚4群。この写真だと左が最前面の1枚、真ん中が前群の2枚1群、右が後ろの2群。ぱっと見はきれいなのだけど、真ん中のレンズ(2枚1群)にLEDを照射すると曇りが目立つ。

清掃としては、以下を一度やって組み立てる、を繰り返した。素人がしてることなので、やっていいかどうかはわからない。組み立て・分解は慣れるとカニ目レンチを使う必要があるものの、ほぼ回すだけなので、あっという間にできる。

  • ツァイスのレンズクリーナー で拭く
    • 撮影結果変わらず
  • 食器洗い用の中性洗剤を薄めた液に一時間ほど浸す
    • 変わらず。溶液が少し青くなったので、コーティングが少し溶けたような気もする…。
  • メラニンスポンジで磨く(サンドペンパー3000番【要出典】ぐらいの研磨らしい)
    • 本来、研磨は光学性能が変わるので良くない
    • 変わらず
  • キッチンハイターにちょっとつけたペーパーでレンズを浸す
    • 酸性なので良くない、という話(コーティング剥がれの可能性)だけどダメ元で。ペーパーに色がついた、これでもしやカビがとれたのでは!?
    • 変わらず

というわけで、結局F5.6~ぐらいに絞って太陽や目の前のLEDライトなど強い光源を入れるとかなり写りに影響がでてしまう、というのは変わらず。カビがガラス(コーティング)の中に侵食している気がするのだけど、詳しくないので本当にカビかどうかはわからず。

うーん、Jupiter-12 気に入ってきたのに悲しい。

撮影機材ILCE-7C/E-M1MarkIII/Jupiter-9 85mm F2/Jupiter-12 35mm F2.8/OLYMPUS M.60mm F2.8 Macro

伊勢山皇大神宮 / 2021年1月14日

朝ジョギングをしていると、日の出にあわせてカヌーしてる人が居た。気持ちよさそう。


今日は最高気温が15度らしく、久しぶりに温かい日。せっかくなのでちょっと遠くに散歩いくかと、伊勢山皇大神宮へ行って遅い初詣をすまし、その周辺を散歩する。この辺に始めてきたのだけど、高級(そうな)低層マンションが立ち並んでいるのね。たしかに丘の上なので、見晴らしは良さそうだ。

出店もわずかながら残っているけど、ほぼやっていない。コロナ禍じゃない正月はかなり賑わってそうだ。

丘から見るみなとみらい方面、また違った雰囲気。

野毛山商店街の傍を通って戻ってくる。

評判の良い肉屋の尾島商店前。ここのメンチカツを買って夕食に食べたのだけど、肉の甘味が非常に出ていて美味しい。

Jupiter-12でここまで撮影。このレンズ良いなぁ、レンズ内側の汚れさえなければ…。


同時に届いた Jupiter-9 85mm F2 (L39マウント) も試し撮り。

すると気づく、無限遠が出ないことに…。開放だと無限遠にピントは合わず、F5.6-8ぐらいまで絞るとやっと遠くにもピントがマッチする、うーん。オーバーインフ(a7Cでマウントアダプタ経由でライカMレンズを使うとほぼオーバーインフ気味になる)はそんなに困らないのだけど、アンダーインフは頑張っても無限遠にならないので悲しい。

撮影機材ILCE-7C/Jupiter-9 85mm F2/Jupiter-12 35mm F2.8

朝の大桟橋ふ頭とJupiter-12 / 2021年1月13日

絞ると出る、五角形の青のフレア。


eBay で買ったロシア製レンズ、Jupiter-12 35mm F2.8 が届く。このレンズはツァイスの Biogon をライカL39マウントで再現したデットコピーといわれ、レンズ設計がそのままだったらしい。入手したのは、型番だとたぶんPT0825かな。重さは実測101.4gと非常に軽い。

というわけで早速、朝の大桟橋ふ頭に行ったことがなかったので、日の出前に行って撮影する。

開放だと、中央以外は周辺流れでソフトになり、色合いもめちゃ好みの画だ。なにこれ楽しい。時間を忘れて撮りまくってしまった。

昨日の雨の影響もあってか、霜が降りていて部分部分では凍っている。

日が出てきてこの辺で、あれこのチリのようなものは…と気づく。光が強いシーンだとa7Cの低倍率ファインダー越しにもすぐわかるぐらいモヤッとしたものが写る。

解りやすい画だとこれぐらいひどくなる。

家でLEDライトを後ろからあてて確認すると、カビなのかバルサム切れなのか、前面郡の2-3枚目あたりのレンズにわかりやすくモヤが写っている。これがウワサのハズレレンズ…。eBayでは評価の高い出品者で、写っている出品写真ではキレイに見えたのだけど、なんと。もう評価もつけてしまったし、なによりロシアに返品するのはめんどくさそう、ということで返品は諦める。

Jupiter-12、後玉が面白い形なので実用というよりはコレクション的に買ったのだけど、実際に使ってみると軽さも相成ってファーストインプレッションではとても好印象で、なにやら気に入りそうな気がしてるので、ダメ元で今度分解清掃してみようかなぁ。


Lightroom Classic CC で使ってみたい機能(範囲マスク機能、iPhone の深度マップがあるカメラで撮ると奥行き範囲マスクも使えるらしい)があったので、体験版を使ってみると、Lightroom CC と比べあまりにも複雑なUI…昔の自分は良くこれ使っていたなぁ、とそっとアンインストールする。Lightroom CC は Classic のあの機能が使えたら、というのが時々あるのだけど、それよりもシンプルなUIのほうが自分には大事だなー。

撮影機材ILCE-7C/Jupiter-12 35mm F2.8

お気に入りのマクロ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro・牡蠣餃子 / 2021年1月12日

軽く雨も振り、寒かったので散歩は無しの日。こんな日は部屋でのマクロ撮影が捗る。

持っているマクロレンズは二本、フルサイズで等倍マクロのSEL90M28Gと、マイクロフォーサーズでハーフマクロのM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro。SEL90M28Gは良いのだけど大きくて重い(602g)ため、手ブレせずにマクロを室内で撮ろうとすると三脚が無いと辛い。

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroの良いところは軽く(185g)、フルサイズ換算120mm、被写体深度の深さ、マイクロフォーサーズの強力な手ブレ補正、と相成ってすこぶる使い勝手が良い。フォーカスリミッターもある。また別売りフードのLH-49はスライド式でかさばらずに即フード装着&長さ調整ができるすぐれもの。M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro を手に入れてから気軽に使いたいとき、つまりほとんどのシーンではこちらのマクロを使い、SEL90M28Gの出番が圧倒的に減ってしまった。

マイクロフォーサズの良さが生きている、お気に入りのレンズの一本。


頭を使わず面白い本を読みたい、とアイドル脱落日記 ~ウェディング オブ ザ デッド~を読む。ペロッと読める気楽さよ。作者の小明んの前作、アイドル墜落日記も暗い大変な話を、面白おかしい文章で綴っていてこちらも面白かった。この本は京都でM氏に借りた思い出。


夕食は手作り餃子。ふつうの餃子、チーズカレー餃子、ラム餃子、と色物餃子が多かったのだけど、どれも美味しい。ふつうの餃子が物足りなくなる美味しさ。そして牡蠣餃子、牡蠣を大葉でつつみオイスターソースをちょっとたらして餃子の皮で包んだ、というものなのだけど、餃子の中に牡蠣の旨味が閉じ込めらて超絶な旨さ。また食べたい。

撮影機材E-M1MarkIII/OLYMPUS M.60mm F2.8 Macro

コロナ禍での成人式・SEL85F18 / 2021年1月11日

コロナ時でなければ混雑していて大変だね、という光景だけれども。


家の外が何やら騒がしい、と外に出るとスーツ・袴・振り袖を着た新成人たち。街宣スピーカーを持って旗を振り回している若者達が、警官に解散解散と言われても解散せず、新たに警官隊がやってくるといった、ステレオタイプな成人式の光景も繰り広げられていた(とりえわけ揉めていた感じでもなく、その後解散していたけど)。

神奈川県、緊急事態宣言を要請したにもかかわらず成人式やるのね。その会場が横浜アリーナとパシフィコ横浜のため、近所に新成人が集っていたのだった。会場は密にならないように場所を分け時間帯も4部に分けて開催したらしいが、入口出口は混乱を避けるため一方通行でスペースに限りがあるため、場所によってはこうなってしまうよなぁ。感染拡大しないと良いけど。


パシフィコ裏の臨港パーク、人混みなのかと思いきや新成人達は殆どおらず。まぁ海風で寒いしとりわけ何かあるわけでもないしね。


踊って動画を撮っていた二人が印象的だった。


子供が、あっ、虹!と空を指すので見るとほんのり虹が。よく気づくなぁ。


Sony のキャッシュバックキャンペーンがあったので、うっかり撒き餌ポートレートレンズであるSEL85F18を購入する。いや、なぜか突然ポートレート撮ることになった場合に丁度良い画角のAFレンズがなかったので…(SEL90M28Gはあるけど、a7Cで使うには重いしAFが遅い)、という言い訳。重さ371gはわりと軽くてa7Cでも使えそうだ。

早速撮影するも、夜の光源の感じはそんなに好きでもないかもしれない。まぁファーストインプレッションはあんまり当てにならないのだけれども。

撮影機材E-M1MarkIII/ILCE-7C/OLYMPUS M.12-100mm F4.0/FE 85mm F1.8

2021年1月10日

カモメ。シャッター速度1/200でぶれていたので、この近距離なら1/1000secぐらいのほうが良かったのだろうなぁ。


パタゴニアで欲しいカバンがあり、ちょっと散歩がてら寄ってみるかと地図を念の為確認すると臨時休業の文字。前回に引き続き今回も緊急事態宣言の都道府県では早速全店舗臨時休業してるのね…さすがSDGs最先端企業だ。ビジョンを打ち出すのは簡単だけど、きちんと実行するところが流石、市場からの利益圧力がない非上場企業の強みでもあるなぁ。


韓国映画、ビューティー・インサイドを観る。朝起きると毎日違う容姿(人種・性別・年齢すべて)になってしまう男の、心温まるハートフルストーリー系物語、良かった。主人公は1役123人(!)で演じられ、その中での1人に、梨泰院クラスで主人公を演じたパク・ソジュンが居て、自分は全くわからなかったのだけど、妻は即座に気づいてすごいなー。


今日の散歩のお供レンズはVoigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4 P。単焦点な割に暗い広角レンズなのだけど、フード付き136gの軽さが魅力で買ったのものだ。

結構撮影したのだけど、全然うまく撮れておらず撮れ高は非常に低い。THE広角的な写真で良いものがほぼ無い。広角で写すといい感じ、ポイントがまだまだわからない感じ。


ハンマーヘッドのセブンイレブン、やたらとIPAが充実している。高い輸入のIPA、1000-2000円ぐらいするんだ。

横浜の3大ピラミッド。

バラ、時期が終わっても散らずに花だけ残っている。

整列するカモメ。

高速架線下の川。緑色。8枚羽の光芒はキレイに出る。

パンを選んでいる妻。

元町は古い建物も多い。

いつかは食べたかった、元町入口の老舗、クレーポドン。今日初めて食べることが出来た。妻が「クレープ生地にバターを塗っていいてポイントが高い」と褒めていた。あまり甘くない味付けで、食後も口中が甘ったるくない。そして最安値のバターシュガーはなんと220円ということで、次回食べてみたい(今回はチョコバナナクリーム)。

撮影機材ILCE-7C/E-M1MarkIII/Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4 P/OLYMPUS M.60mm F2.8 Macro

レンズやカメラごとのページ / 2021年1月9日

今日も風が強く、日が出ていたけど外の体感温度はだいぶ寒かった。


このWebサイトに、Exif やメタデータから、記事で使ったカメラ・レンズなどを一覧表示するページを作った。jpeg に Exif があるものはそのデータをもとに、オールドレンズなどで Exif が無いものは markdown のメタデータをもとに作っている。本当は Lightroom で RAW ファイル自体にオールドレンズの Exif を入れたいけど、Lightroom CC だと一括でインポート時に追加することが出来ない。

Exif のデータをローカルに落とすときににKVS/RDB的なものほしいと思いつつ、引き続きデータの保存はただのプレーンなmarkdown/JSONファイルへ行っているので、段々と複雑さが増してきた。まぁこれはファイルをもとに行っていることが悪いというより、ツギハギでサイトに機能追加を行っている自分の実装の問題なのだけど…。

作るにあたって一番困ったことは、firebase hosting でファイル名が %2F を含む場合はコンテンツを返せないこと。Exif にはレンズ名にF値のデータとして / が使われていることが多々あり、静的サイトのファイル名として使う(/entry/exif/lensF%2F2 みたいな)と、うまくfirebase hostingから返却できない。他の挙動、例えば Apache でもファイル名の %2F は標準では取り扱いすることができず、AllowEncodedSlashesディレクティブを有効化することで初めて使えるようになるので、%2F をファイル名に含むと今後他の問題が出そうだ。

ので仕方なく path 中に含まれる %2F にしてとりあえずは対応したのだけど、うーん、どうなんだろ。


夕方、近隣をちょっと散歩。THE観光地の人はかなり少なく、公園・スーパーなどの人出は今までとあまり変わらない気がする。


夜、梨泰院クラスの主演(イソ役)であった、キム・ダミが主人公の映画、The Witch/魔女を観る。内容についてはそんなに面白くはなかったのだけど、キム・ダニの演技、とりわけ表情がもう最高。これで俳優仕事で1作品目、というのだから驚き。梨泰院クラスも、イソ(キム・ダニ)が良い味すぎて妻もお気に入りで、夫婦でお気にいっていたからなぁ。キム・ダニの次の作品が楽しみだ。

撮影機材ILCE-7C/SMC Takumar 50mm F1.4

SMC Takumar 50mm F1.4とトリウム黄変 / 2021年1月8日

冬らしからぬ、夏のような雲が出ていた日。


10時から万葉倶楽部へ。緊急事態宣言初日でみんな様子を見だしたのか、とても空いていてガラガラ。温泉&サウナ、休憩スペースで休む、温泉&サウナと二回ほど湯に浸かりゆっくりと疲れをとった。寒い日だったけど、露天の外気浴は相変わらず最高だ。


夕食は近くにできた、はま寿司で。回転寿司かと思いきや、回転はせずにタブレットで注文すると高速ベルトコンベアに乗って寿司が届く。システマチックな寿司屋だ。殆どの寿司が110円で、味も悪くはないのでちょくちょく行きたい。


届いたSMC Takumar 50mm F1.4を持って散歩をする。製造番号が600万台の7枚羽の後期型で、トリウムを含むためレンズに少々の黄色の変色が起きている。状態は前玉の外縁周辺に少々のコーディングハゲが起きている、黄変している(目で見てもあからさまに色が黄色)以外は良好で、5000円弱だった。いままでトリウム黄変レンズは使ってなかったので、どれぐらい写りに影響があるのかも知りたかった。

軽く使ってみた感じ、デジタルならAWBで自動色温度補正されるため気ならないと思っていたけど、カメラ(a7C)のAWBを基本は標準のAWB(雰囲気優先)で撮影しているため、電球色ではない外の自然光でもちょっと色温度高めかな?という写りをする。今はRAW編集が基本だから、気になる写真は色温度をちょっと下げれば良いので気にならないけど、JPEG撮って出し前提ならAWBをこのレンズの場合はホワイト優先やAWB調整したほうが良いかもしれない。

レンズ的には持っている同じAsahi PENTAXの Auto Takumar 55mm F1.8(後期型)と比べると、トリウムレンズ&コーティングの世代がSMC Takumar のほうが後だというのもあり、Auto Takumarのほうがフレアやゴーストが壮絶に出る。SMC Takumar 50mm F1.4 のほうが逆光性能は弱いものの、フレア・ゴーストなどはかなり出にくい感じだ。

撮影機材ILCE-7C/SMC Takumar 50mm F1.4

ジェットダイスケ氏のYouTube・SMC Takumar 135mm F3.5が届く / 2021年1月7日

非常に風が強い一日だった。


過去記事のtypoを直そうと一文字だけ変更すると、全ビルドが走ってhosting/CDNに再デプロイされる富豪感。その裏で動いているマシン・ネットワークリソースを考えるとおいそれと変更できな…くはなくて変更するのだけれども、MOTTAINAI を毎度感じる。


最近、ジェットダイスケ氏のレンズ紹介 YouTubeを見つつ風呂に浸かるのが定番になってきた。若いYouTuberなんかはすごく丁寧にレンズの説明をするのだけど、あまりレンズ知識がない(バンバンレンズを買って沼にハマっていない)ので、その代わりに大抵動画編集をおしゃれに行い、気合の入ったオシャンティな作例を紹介する。

しかしながらジェットダイスケ氏は、動画編集にはさほどコストを掛けず(効果音も自分の口でジャジャーン、とかババーンとか、ウォーーーッとか)、そして肝心の作例が上手ではないというか下手なのでは…、と思ってしまう写真。しかしそれが計算して作っている、わざと下手な作例で「このレンズを使えば自分ならもっとうまい写真が撮れるはずでは!?」と思わせ、観ているユーザが勝手に相対比較で自分のほうがうまいはず、という気持ちになり気楽に楽しんで観れる。氏は策士だ。もちろんそんなことは言ってないので、勝手に自分がそう思っているのだけだけど。

というわけで、そんな策にはまりつつ、圧倒的な物量でレンズと特徴を紹介するジェットダイスケ氏のYouTubeを今日も見ていたら、2020年に使った交換レンズ108個 撮った写真を撮影日順に見ながら解説していきますよ特番という動画が昨年末アップされ「その日のうまい作例一枚だけ」をピックアップして並べると基本ちゃんとした作例で、やっぱり策士なのだなぁ、と思ったのであった。


SMC Takumar 135mm F3.5 が届いた。このレンズ、送料込みで2000円ちょっとのお値打ち価格。オールドレンズの135mm F3.5~F4.0 は他にも各社から出てるのだけど、基本安い。最短撮影距離も長い(SMC Takumar 135mm は 1.5m)し、単焦点の割に暗いし、マニュアルでピント合わせ大変だしで不人気なのだろうなぁ。

つけるとだいぶ長くなってしまい、好みのフォルムでなくなってしまう。


早速装着して、そのへんを散歩する。135mm画角、慣れてないので新鮮だけど難しい。

撮影機材E-M1MarkIII/ILCE-7C/SMC Takumar 135mm F3.5/OLYMPUS M.60mm F2.8 Macro