A Day in the Life

2021年9月26日

今日は四十歳の誕生日。『三十にして立つ。四十にして惑わず。』という孔子の言葉(があるのを土岐麻子さんの40歳のライブで知った)があるが、不惑には程遠く、やっと自立できたのかな、というぐらいの感覚だ。


昼食は奮発して妻が買ってきてくれたA5牛肉ですき焼き。とろけるお肉でめちゃうまい。妻と牛に感謝。自宅調理で一番美味しく作れるのがすき焼きだと思う。普段なら最初は高級肉で、途中から普通のお肉ですき焼き(一口目のおいしさ以降はどうしても感動が薄れてしまうため)なのだが、今日は最初から最後まで良いお肉。


夕方は散歩しつつインターコンチネンタルでケーキを買う。ホテルケーキだから高い、と思いきや500円前後のどれもお手頃価格。


今日の基本統計学は7.5.の中心極限定理まで。中心極限定理、中二病的言葉で語感が好き。平均と分散がある値なら、どんな分布でもnが極限に近づくにつれ、正規分布 N(µ, σ2/n)に収束する。

撮影機材E-M1 Mark III/LEICA DG SUMMILUX 25/F1.4 II

2021年9月25日

妻が応援しているヤクルトが首位になり、我が家でのセ・リーグ優勝の行方が気になり始め、スポーツ番組配信のDAZNに加入する。せっかくなので、先日ハマスタで見た村上の満塁ホームランを見逃し配信で見てみると、観戦に行っていた自分たちがちょうど右打席の打者の時に後ろに映りまくっていて妻と喜ぶ。


最近プロ野球をよく見ていることもあって、そもそも打率4割は現実的なのかどうかを統計的に調べてみる。データで楽しむプロ野球に打率データがあったので、セパの2012-2020の打率top-10(n=180)の成績で平均と標準偏差を求めると、平均が0.30629、標準偏差が0.0185ほど。正規分布と仮定してその年の上位10人のプレーヤーのうち打率4割を出せる確率は一人あたり0.0000207%となり天文学的数値だ…。

もっと好成績のデータで見てみようと、Wikipediaの首位打者 (日本プロ野球)のデータを使う。2リーグ制後の過去71年分の首位打者のデータ(n=142)の成績の平均と標準偏差は、平均が0.34158で標準偏差が0.017137。さすがは首位打者だけのデータなので平均打率も高い。そして、正規分布と仮定してその年の首位打者が打率4割を超える確率は0.0326%と、先程の天文学的数値ほどではないが、非常に難しい。まだ誰も到達していない打率3割9分なら0.2359%と桁一つ可能性は上がる。

ちなみに過去の最高打率はセ・リーグが1986年のバースで.389、パ・リーグが2000年のイチローで.387。そしてイチローは7年連続首位打者をとっていて化け物じみた成績だったのだなぁと知る。


今日の基本統計学は第7章標本分布に入り、7.2.の母集団特性値と標本統計量まで。


今日の散歩はモクモクワクワクヨコハマヨーヨーあたりまで。

2021年9月24日

夕方、散歩しつつ家具を買いに行って、その後ホテルニューグランドのカフェで休憩しつつ読書。FIREについて、ちゃんと書籍で読んだことがなかったなと、大本のFIRE本であるFIRE 最強の早期リタイア術を読む。

経済的自立(FIREでいうところのFI(Financial Independence))ができれば好きな人生を選択できる、早めに自立できるようになったほうが良いよ、そのための説明として、マインドや節約方法、フィナンシャルTips、FIREした人たちの例などが載っている。経済的自立をした結果としては早期リタイヤ(RE(Retire Early))をすることなるのだけど、本質的にやりたいことはFIで、それはREでもしいし、完全なREじゃなくても副業や情熱的にやりたい仕事とのかけ合わせでも良い、その場合好きな人生が歩める程度にFIができるようになろう、という話(だと思う)。

ベストセラーになったのは、共働きサラリーマンでもあれこれやりくりしつつ1億の資産になれば(年間400万で過ごせるなら)リタイヤできるという現実的な話が刺さったのだろう。400万円というと生活が苦しそうにも見えるが、著者は世界を旅をしつつ、東南アジアを滞在先に混ぜれば十分豪華な暮らしができると語っている。

自分は世界一周し始めた2019年秋ごろは、一周が終わったらまた何らかしらの形でフルタイムで働くのだろうなぁ、という考えしかなかったのだけど、世界をブラブラしているうちに「きちんとフルタイムで働かなくては」というのは育った環境の全体主義によるバイアスで、働いてない人もたくさんいるし、別にそんなに働かなくても良いのだなぁと思いが芽生えてきた。

今は組織に所属してフルタイムで働くことを選択するメリットは個人視点で見るとどんどん無くなってきている。これは以前(世界一周前)と能力や経済力が変わってメリットが無くなってきた、というよりマインドが変わった事が大きいのだろうし、また組織に所属しないで自由に働いてみた結果、性分に合っていることが解ったことも大きい。近年のリモートワーク浸透による、場所的な職場制約の緩和もあるしね。FIREのREと行かないまでも、FIがある程度はできていることにより、選択の幅は感じる。


夜は本丸亭 横浜元町店で塩ラーメン。鍋のような旨さで、鶏の具材各種がとりわけ美味しい。スープはもうちょっと薄いほうが好みだったけど、十分なおいしさだった。


今日の基本統計学は、6章の章末問題を38~48(最後)まで。練習問題終えたぞー。

撮影機材α7C/samyang af 24mm f2.8

2021年9月23日

昨晩はそのまま実家に宿泊。姪甥達と遊ぶ。学校は今週末までリモートで、Chromebook が貸与されていてそれでリモート授業を受けるらしい。実家はWiFi環境、多数の部屋と面倒を見る人(祖父母)が居るから成り立つけど、共働き夫婦だとどうするんだろうとか、WiFi環境整ってない人だとどうするのだろう(いちおうポケットWiFi的なものが貸し出されるらしいが)とか世間の大変さを感じる。

Chromebook はリモート授業用のアプリと Chrome ブラウザだけが入っていて、ブラウザはシークレットモードが無いもので、まぁログなどは監視されているのだろうなぁ。履歴にゲーム攻略サイトなどがあったのが微笑ましい。


帰り道に横浜駅前のSOGOで新生活用品をあれこれ見る。屋上庭園があることを初めて知ったので行ってみると、THE昭和な屋上庭園で、岡本太郎の像などもあった。

撮影機材RICOH GR III

2021年9月22日

中古車、家の近辺じゃあまり置いて無くて、よくある郊外の広い中古自動車で現物を見て買おうと、そのような中古自動車販売所がいくつもある実家へ帰る。ネットで目星をつけておいたハッチバック車をいくつか見て、一番良さそうなのに決めて購入。車は全くこだわりがない、というかどこにこだわるべきなのかわかってないので決めやすい。中古自動車販売所の店員は懇切丁寧で、細かな質問疑問に嫌な顔ひとつせず答えてくれたのも、購入の後押しになった。

購入後、様々な手続きがあるというのは解っていたけど、事前に思い描いていたいたタイムラインとは違った手続きで、早めに購入したことで気づけてよかった。


姪が部活で野球を始めたということで、実家3Fの屋上に人工芝がしかれ、簡易バッティング練習場ができていた。義弟が作ったという話だけどすごいなぁ。写真は屋上アンテナ。


今日の基本統計学は、6章の章末問題を32~38まで。ちまちま。

撮影機材Galaxy S20

2021年9月21日

運転免許更新手続きで警察署へ。更新には視力検査があるのだけど、お年寄りが間違ったであろう回答に対して「はーい、よく見てくださいね、頑張りましょう」「この試験合格しないと免許更新できないですよ、もう一度考えてみてくださいね」といった別回答を促す話をしていて、落とすための試験というより、どうにか合格させるための試験になっていて興味深かった。待ち時間で観測していると、2人ほどそういうお年寄りが居たため、イレギュラーではなくまずまずの頻度で行われていそうだった。車がないと生活に支障が出るが、老化による視力異常がある人達に対しての救済措置なのだろう。

続いて、区役所でずっと受け取ってなかったマイナンバーカードを受け取る。役所というと随分待たされる、という勝手なイメージがあったのだけど、少なくとも以前住んでいた港区役所や横浜西区役所では、訪れる人も多いからかきちんと最適化がされており、案内~手続きまで最短経路で終えることができる感じで、待ちがほぼ発生せずに良い体験をした感がある。


今日の基本統計学は、6章の章末問題を25~31まで。ちまちま。


夜は横浜球場でヤクルト対ベースターズ戦。観戦場所はヤクルトベンチの裏側でとても見やすい。1回表から3連続ヒット、4番村上の一投目からの満塁ホームラン、といった盛り上がりを見ることができて記憶に残りそうな試合であった。

撮影機材RICOH GR III

2021年9月20日

Amazonで書籍を色々見ていると、キッチン・インフォマティクス ―料理を支える自然言語処理と画像処理の著者に見知った名前を見かける。以前C社で一緒に働いたこともある、レシピと自然言語処理でいろいろやられている原島さんの共著、とのことでさっそく購入して読む。書籍としては、サブタイトルママだけど前半は自然言語処理、後半は画像処理について。料理関係研究の論文や学術データセットへのインデクスとしても役に立ちそうな内容。

自然言語処理はレシピではこう活用しているという切り口だったのだけど、画像処理周りは料理のドメインというよりかは大半がコンピュータビジョンの話だったので、もうちょっと画像処理周りは料理寄りでも良かったかも知れない。

個人的にはあとがきから原島さんの近況(お子さん生まれたそうで、おめでとうございます)が知れてよかったなぁ。


朝3時頃、妻が月が眩しいというので窓の外を見ると、台風が過ぎ去り大気が綺麗なためか、たしかにとても輝く月が見えたので記念撮影。満月前でもこの明るさだ。


夕方は久しぶりに汽車道を回っての散歩。みなとみらい、どこを散歩しても景色が良くて好きなのだよなぁ。

撮影機材E-M1 Mark III/α7C/OLYMPUS M.75-300mm F4.8-6.7 II

2021年9月19日

台風一過な良い天気の一日。


先日またゲスト出演させてもらった、おつかれシャワー #177が公開される。hmsk氏と話すのはほんと久しぶりで、しかも結婚式についてお互い話すなんて10年前には誰も思っていなかったであろう。


kubernetes周辺がよく解らず、そもそもk8s自体使ったことなかったので導入にと以前K氏が読んでいて気になっていたイラストでわかる DockerとKubernetesを購入し読む。k8s周りの概念、用語がさっぱりだったので、全体を浅く知れるインデクスとして解りやすく書かれた本。これ系の書籍はハンズオン形式で実際にコマンドを打って構築しながら進めていく物が多い中、コマンド入力は最小限にとどめ、読み物としてサラッと読むことができ全体感を知ることができた。ただタイトルの「イラストでわかる」の「イラスト」については正直ごちゃっとしていて解りにくかった事が残念。

なお購入は出版社が技術評論社だったので、Gihyo Directで。最近は ePub 版があれば Kindle ではなく積極的に ePub を購入するようにしている。Kindle はモバイルアプリは良いが、PC Reader が壊滅的に使いにくく、コピペするとフォーマットが乱れ整形しないとソースコードが使えないという技術書との相性の悪さも。Gihyo Direct はボタン一つで Google Drive/Dropbox に保存してくれる便利機能もあって使いやすい。

撮影機材RICOH GR III

2021年9月18日

台風の影響で、ときどき豪雨なお天気。


今日の基本統計学は、6章の章末問題を1~24まで。復習になってちょうどよい感じ。この章は48個ぐらい章末問題がありやりごたえがあるのだけど、この章に限ったことではないが、現実世界に照らし合わせた問題になっている物が多く、解いていて楽しい。

撮影機材E-M1 Mark III/OLYMPUS M.12mm F2.0

2021年9月17日

最近谷口ジロー作品を読み直していて、今日は谷口ジロー・関川夏央著の事件屋稼業 1~6を読み直す。うだつの上がらない探偵のハードボイルド風バラエティ作品で、昭和バブル前後の雰囲気も多分に感じられて面白い。読み返してみると、舞台はご近所の横浜元町近辺の話ということに気づく。見たことのある情景、今は変わってしまった風景等々も楽しめた。なお今は Kindle unlimitedで読み放題のよう。