A Day in the Life

噂の名店カレー / 2022年1月23日

S&Bのレトルトカレー「噂の名店」シリーズが好きで、都会在住中はちょくちょくコンビニで買っていたのだけど、今は手軽に買えなくなってしまったこと、また食べたことのない味がいくつもあったことからAmazonでエスビー食品 噂の名店シリーズ カレー&ハヤシ 全国10種セットを購入する。このセットがAmazonでは1食あたり340円ほどなので、コンビニ価格300円より1割強高い(セットの中に単価が高い物が入っているのかも)が、まぁ配送料と考える。

なお噂の名店カレーの中でも、欧州ビーフカレー(プティフ・ア・ラ・カンパーニュ)が家に切らさず置いておきたいぐらい、とても好き。都心コンビニでよく見かけたので、入手しやすいはず。


夜はpodcastの収録。ワイワイ話させてもらい楽しい時間だった。

撮影機材E-M1 Mark III/LEICA DG SUMMILUX 25/F1.4 II

店内製麺さくら・TaiShoDoでフィカスを向かい入れ・バターのいとこ / 2022年1月22日

妻を送りに那須塩原駅に行く途中、以前から気になっていたラーメン屋、店内製麺さくらで昼食。はまぐりラーメンが一番人気とのことだけど、一緒に頼んだ味噌ラーメンのほうが好みの味。味噌ラーメンはたいてい味噌の旨さが強すぎて味のバランスが味噌一強になりがちのところが多い(それはそれで美味いのが)が、さくらの味噌ラーメンは味噌の味が強すぎずバランス良い旨さ。次は別バリエーションの味噌ラーメンを頼みたい。


その後植物屋のTaiShoDoへ。最近根塊植物のかっこよさに気付き、いつかは家に迎え入れたいけど、何分値段がする(小さく安価なものでも1-2万~、形が良ければ小さくても5万~ぐらい)ので、色々考え吟味して迎え入れたい。今回は別の植物や鉢などを購入する。


さっそく植物(フィカス)を迎い入れ、鉢植えを行う。個性的な伸び方が気に入っている。


那須銘菓の一つ、バターのいとこを食べる。なるほど体に悪い旨さ、バターと砂糖の甘さがガツンとくるなぁ。うまい、うまい。

撮影機材α7C/E-M1 Mark III/samyang af 24mm f2.8/auto yashinon-dx 50mm f1.7/LEICA DG SUMMILUX 25/F1.4 II

雪の散歩 / 2022年1月21日

朝起きると一面の雪。雨が振る感じで雪が降るな~。ちょっと散歩に出かける。この辺に野うさぎがいることは先日見かけて知ったので、雪道をよく見ると時たまぴょんぴょん跳ねて移動しているであろううさぎの足跡を見かけた。


夜は温泉那須山へ。雪を見ながら露天風呂に入ったり、雪積もる野外でサウナの外気浴などができて、こんな日々の贅沢はこの地域に居ないとできないよなぁ。


図書館で借りた本、オードリー・タン 日本人のためのデジタル未来学を読み終える。こないだ読んだ"オードリー・タン 自由への手紙"に書いてある内容とだいたいかぶっている(というか本書のほうがだいぶ少ない)ので、とりわけ新しい知見を得るということはあまりなく、復習という感じ。読みやすかった。

撮影機材E-M1 Mark III/OLYMPUS M.12-100mm F4.0

RENGEエビカレー・食べ過ぎ注意・那須ガーデンアウトレット / 2022年1月20日

昼食はさかなバルRENGEへ。今回は隔週ランチメニューのハマグリ大葉和風パスタとエビカレー。はー相変わらず何食べても美味い。美味しすぎてデザートも頼んでしまい、食べすぎてしまった。


その後那須ガーデンアウトレットへ。駐車場からは綺麗に山々が見える。平日なのでアウトレット内を散歩でも楽しもうと思ったが、山から吹く風は冷たく、また昼ごはん食べすぎて体調不良のため、スタバで休憩の後帰宅。運転は妻がしてくれて助かる。運転要員もホットスタンバイになったため助かること多し。

最近満腹まで食べるとその後大抵体調不良になるため、食事は控えねばなぁ。昔は120%ぐらい食べると辛くなったのだけど、最近は100%ぐらいでも食後体調不良になりがち。


今日の読み進めは、マセマの微分積分キャンパス・ゼミを微分の章まで読み終わる。わかりやすいテキストで、ざっくり読んで概要をなんとなーく理解しただけなので、解析的に問題を解く際にはもう一度読み直して今度は演習をしっかりやっていきたい。読んだ感じでは、ちゃんと演習課題をやって公式をしっかり覚えれば身につきそうな感じではあった。

明日以降は、またベクトル・線形代数の教科書にもどるぞー。


おたよりコーナー

諸事情によりiPhoneの他にAndroid端末を新しく持つことを考えていて、フルスペックのはいらないし小さいと嬉しいんでJelly 2の話をここで見てから気になってます。

GPS(を含めた位置情報サービス)の精度ってどんなもんでしょう? Google Maps見てて現在値を知る上では問題ないって感じでしょうか。

--tagomoris

Google Maps をずっと見ながら目的地に行く、ということをまだしたことがない(車移動ではカーナビ)のであまり参考にならないかもですが、家や外で Google Maps で現在地を見たときに測位できないとか、誤った現在地が表示されるといった経験はまだないですね。

撮影機材α7C/po3-3m 50mm f2

不便になることで価値が上がる・スマートフォンを3インチ超小型端末へダウングレード

メインで使っているスマートフォンを Galaxy S20 から画面が3インチの超小型スマートフォンUnihertz Jelly 2 (日本仕様版)へダウングレードした。画面は6.2インチの有機EL液晶から3インチの液晶へ、SoC は Snapdragon 865 から Helio P60へ、防水機能はなくなり、カメラ画質は言わずもがな、と基本何もかもスペックが下がったと行っても過言ではない。しかしながら、移行して1週間経つが満足している。

Jelly 2(左)とS20(右)

Galaxy S20 の名誉のために言っておくが、Galaxy S20 には何一つ不満がなかった。きれいな液晶、高速な動作、美しいフォルムの本体…等々、2020年頭発売の機種で発売から約2年経っているが、全く別のものに買い換える気などおこらず、何もなければ壊れるまで使っていた可能性もあるぐらい良い機種だ。

なぜダウングレードしようと思ったか、それは妻の iPhone が壊れてスマフォなし生活を送っているのを見て、果たして高性能の便利なスマフォを使うことが今の自分にとって価値が高いことなのかと疑問が湧いたことだ。スマフォを持ってない人と一緒にいることで「ついうっかり」スマフォをいかに触ってしまっていたか気づいてしまった。会話でふと気になったことを調べる、どうでも良いニュースを見る、等々をなんとなくのスキマ時間についうっかり。ゲームやSNS系のアプリは入れておらず見ることは無いのだけど、それ以外の情報をついうっかり見てしまう。

そもそもスマフォが高機能すぎてストレスなく使えすぎるのがいかんのじゃ~、と本来自制すべきこと棚に上げ、スマフォをもっと制限された端末へ、例えば画面が小さいとかスペックが低いとか、に変えてみることにした。

端末の選定

小型スマフォはどんな物があるのかなと調べると、Rakuten Miniにすぐ行き当たるのだけど、バッテリー容量が少なすぎ(1250mAh)て単体で持ち歩くには不便すぎること、殆どの端末ではLTE Band 1の周波数帯が使えない(つまりドコモ系の電波がつかみにくい)ため候補から外れた。

もうちょい調べると、2021年に日本でも発売された Jelly 2 が SIMフリーで Band 1 にも対応、バッテリーは2000mAh、おサイフケータイにも対応、という趣旨にあったスペックだったので Jelly 2 に決めた。新品で24800円、中古良品で16000円前後という市場価格もお手頃感。

Jelly 2 の使い勝手

Jelly 2 に移行して一週間使ってみて、何も困らずとりわけ不満がなくびっくりしている。3インチ(480x854)の画面はすごく小さいのだけど、ギリギリ文字入力はできる(家族とメッセージのやり取りをするぐらいの用途には使えるが、長文は書きたくない)し、ほとんどのAndroidアプリは問題なくつかえている。一部マイナーなアプリでレイアウトが酷くなる、文字が読めないことがある(toastに情報入れまくっているとか)ぐらい。背面の指紋認証も時々失敗するものの十分使えているので、ロック解除や1passwordのような生体認証要求アプリもさらっと使える。

SoC の Helio P60 + 6GB RAM はほとんどモッサリを感じることなくアプリを動かせているし、バッテリーも2000mAhあるおかげで、あまり使わないで過ごせば14時間ぐらい持ち歩いても残り60%強ぐらいは残っている。普通にガリガリと端末を使う用途では半日持たないと思うが、そういう使い方はしないので問題なし。カメラ画質は期待してなかったので問題なし。Bluetooth イヤフォンとの電波状況は悪いかもしれない(時々ザザッとノイズが入る)が長期間使ってないのでまだ解らず。ただホーム画面はAndroid 10 の素のママでは使いにくいので、Nova Launcherに変えて利用している。

Jelly 2 の背面カメラで撮影

端末画面の小ささによって、積極的に使おうと思わなくなったことも意図通り。ブラウザでWebサイトを見ると、文字が小さすぎて頑張って使いたいモチベーションが無い限りあまり使おうと思わない。他のアプリも相対的に文字が小さいので眼に負荷がかかり、積極的にこのスマートフォン上で時間を過ごそうとは思わなくなった。

「ついうっかり」スマフォを使わない目的の達成

もともと意図していた「ついうっかり」スマフォを使う機会がかなり減った。しかしながら必要最低限のスマートフォンとしては十分使え、とりわけ不満はないのだ。Google Maps で行き先を調べたり、各種Payアプリで支払いしたり、モバイルSUICAを使ったり、YouTube Music を操作したり。

スマフォを触る機会が減った代わりに本を意識的に持ち歩くようになったり、スキマ時間になにか考えるようになったりして、「ついうっかり」がだいぶ減ったと思う。今の所はダウングレードして自分にとって価値が上がった、という結果だ。スペックを落とした結果なのに、なかなか考えさせられる。

また自分の場合、持ち歩き端末としてのスマフォ、情報を大きな画面でちゃんと調べる・動画を見る・リフロー型でない本を読むときの iPad、仕事用のデスクトップPC・MacBook Pro、と用途ごとにデバイスを使い分けていおり、スマフォで全てをやろうとしていないため、とりわけスマフォが不便になっても、不便していないというのもあるのだろう。

撮影機材α7C/jelly2_jp/po3-3m 50mm f2

プロフィール画像変更(うさくん絵)・9人の翻訳家・立ち上がる女 / 2022年1月19日

うさくんがアイコン依頼受付を再開していたので、申し込んで描いて頂いた。かわいい~!かわいい~~!!

新プロフィール絵

ラフで描いてもらった絵も可愛い。うれしいなぁ。

ヨダレ海ラフ

映画、9人の翻訳家 囚われたベストセラーとを観る。ベストセラー書籍を翻訳するために館に閉じ込められた翻訳者達のミステリー。視聴者はずっと推理しながら見続けられて面白かった。

続けて映画、立ち上がる女を観る。環境活動家のテロリストの女性を描いた話なのだけど、舞台がアイスランドなのでアイスランドの美しい風景が良かった。はーアイスランド行きたい。アイスランドの風景はゲーム、デス・ストランディングの世界(あちらはアメリカの高原だけど)とかなり似ていて、久しぶりにデススト(まだ未クリア)をやるかなぁという気分になった。

ブーケの押し花 / 2022年1月18日

結婚式で使ったブーケをフラワーアレンジメントで押し花にして額入れするサービスに申し込んでいたのだけど、予定通り約4ヶ月の期間を経て家に届く。記念のものだし良い感じ。額を飾る場所はたくさんあるので、あとはきちんと飾らねば。

これに限らず、もうちょっと額入りのインテリアを増やしたいのだよなぁ。


今日は昼間の気温も0−1度ぐらいと1日寒い日で、パラパラと雪が降ったり止んだり。

撮影機材E-M1 Mark III/α7C/LEICA DG SUMMILUX 25/F1.4 II/FE 35mm F2.8 ZA

Cafe facile・映画地雷を踏んだらサヨウナラ / 2022年1月17日

今日はなんとなく那須高原に行きたい気持ちが出てきたので、夕方久しぶりに那須高原のSHOZO CAFEへ。が、到着するとちょうど冬季休暇。そのため別のカフェ、Cafe facileへ。結婚式場併設のカフェで若者向けオシャンティな感じ。最初はコーヒーのみを頼んでいたが、別の人が頼んでいたソフトクリームパフェを見て自分達もイチゴソフトクリームパフェを頼む、美味しい。


その後は定番の那須山温泉。結構混んでおった。最近は温泉慣れしてきて「温泉にせっかく来たのだからゆっくり入ろう」というより、銭湯的な感覚で入れるようになってきた。値段も冬期夕方割引でワンコインちょいぐらいだしね。


映画・地雷を踏んだらサヨウナラを観る。先日原作を読んだせいか、原作との差が気になってしまう(恋愛要素があるとか)が、だいたい忠実。カンボジアの雰囲気が味わえ、またカンボジアに行きたくなってきた。


ベクトル・行列からはじめる最適化数学読み進め。2章線型関数の2.3テイラー近似まで。なるほど、偏微分することで勾配が求まり、その点の周辺をテイラー展開で近似で求めることで近似値が求まると(マクローリン展開というやつなのかな)。おもしろ~!!

そして微分の理解がやっぱり浅く、もうちょっとは理解を深めないとまずいなぁとマセマの微分積分キャンパス・ゼミを読み始める。微分が出てくるのは60Pぐらいからで、それまでε-N論法やε-δ論法、極限、三角関数の話など微分を解説する前の基礎前提知識な話が出てきてこちらも面白いなー。とりあえず30Pぐらいぐらいまで読み進める。

撮影機材α7C/FE 35mm F2.8 ZA

あんず館のヤシオマス丼・「GAKKOU」のアナグラム・地雷を踏んだらサヨウナラ / 2022年1月16日

最近足の炎症で行けていなかった温泉欲が高まり、治った感じになったので朝から芦野温泉へ。はー最高、考え事をしているとあっというまに2時間弱ぐらいがたっていた。温泉は瞑想にもよいのだよなぁ。温泉後は足湯に浸かりつつ読書などして過ごす。


その後は伊王野の道の駅のあんず館で昼食。前回食べたミックスフライ定食も、今回食べた唐揚げ定食もうまし。妻はヤシオマス丼を頼んでいて一口もらったが、濃厚なサーモンという感じの味でこれも美味しかったなぁ。ヤシオマスは栃木の養殖魚らしく、釣れる管理釣り場もあるみたいなので行ってみたい。


今日の運転は免許取り立ての妻が終始運転してくれた。ありがとう妻よ。


「GAKKOU」のアナグラムを見て、あっ、これこないだの基本統計学教科書でやったやつ(順列と組み合わせ)で解けるじゃん!というわけで手計算で解いてみる。

  • GAKKOU のcharの組み合わせは6!/2!=360
  • ソートした順番での組み合わせを考える
  • Aが最初に来る組み合わせは5!/2!=60
  • Gが最初に来る組み合わせは5!/2!=60 なので、Gが最初である
  • GAが最初に来る組み合わせは4!/2!=12
  • GKが最初に来る組み合わせは4!=24 これで96通り(60+12+24)になった
  • GOが最初に来る組み合わせは4!/2!=12 なのでGOが最初の組み合わせの中に100通り目がある
  • GOAが最初に来る組み合わせは3!/2!=3 これで99通り
  • 次に来る組み合わせ(GOなんちゃら)が100通り目、なるほど~納得の文字列。

エールを贈る生徒に先生が出す、良い問題だなぁ。


ちょくちょく読んでいた、地雷を踏んだらサヨウナラを読み終える。タイトルは記憶に残るし有名なので知ってはいたのだが未読だったもの。

1972−73の戦時下にカンボジア・ベトナムにフリーフォトグラファーとして戦場の写真を撮り歩いた一ノ瀬泰造の写真・書簡をまとめたもの。当人は73年11月に消息不明となり、その後両親により死亡が確認された。日記や両親・友人との手紙のやりとりが主で、とりわけ両親とのやりとりでは親から子への愛情が伝わってきて込み上げる物がある。また当人の若さ溢れる力も感じられる。

プノンペン・シュリムアップ・ホーチミンなど旅行で訪れたところが舞台で、当時はこんな戦争があったのだと辛い情景が伝わってくる。プノンペンのトゥール・スレン虐殺犯罪博物館(S21)やキリングフィールドを訪れた時も悲惨さを感じたが、この本からは死が隣り合わせの戦時中の日常だったり、その日常に生まれて日常=戦争が当たり前になってしまった街だったり、また違ったなんとも言えぬ辛い感情を持った。しかしこの戦時日常が73年で、その後ポルポト政権による人口の25%ほどが亡くなったという大虐殺が75年〜おきるので、これはまだそれに比べたらよかった時代だったのだよなぁ…。

なおこの本も図書館で目について借りたものである。図書館便利。

撮影機材α7C/FE 35mm F2.8 ZA

ふうふう亭・黒磯公園からの眺め・HI-COLOR 35 現像 / 2022年1月15日

ランチは行きたかったふうふう亭で背脂醤油ラーメン。もちもちの太麺。なるほど、店主の個性が感じられる独特の雰囲気のお店。


現像していたフィルムを受け取った後に那須川湖畔公園~黒磯公園を散歩。黒磯公園の高台からの茶臼岳の眺めは抜群。帰って歩数を調べると7000歩ぐらいで、これぐらいは散歩したい。


家では HI-COLOR 35 で撮影したフィルムネガ自体を撮影して、Lightroom でネガポジ変換しつつ現像。フィルムカメラで撮影してからそのネガをデジタルカメラで撮影するし、ネガ現像してからLightroomでも現像するし、デジタルを介することにより二重の手間に。もっとお手軽にカメラ屋のスキャナでのjpeg撮って出しのほうがカジュアル使いには良いよなー。写真は家族写真や友人写真が主だったのだけど、中には良い感じに光を捉えられた写真があって良かった。


ベクトル・行列からはじめる最適化数学読み進めは、一章の章末問題を終え二章に入る。問題の模範解答がないとしても、自分で考えあれこれ手を動かすのは理解を進める上で大事だよなぁ。章末問題は Jupyter Notebook で numpy でのベクトル計算の使い方を学びつつ解く。numpy はなんとなーく使っていたので、numpy の関数名と線形代数用語が一致するとなるほど~感。

撮影機材α7C/hi-color 35/FE 35mm F2.8 ZA