A Day in the Life

カミニート・サンモルテ市場・レコレータ墓地 / 2023年2月4日

昨晩は睡眠導入剤を飲んだためか、きちんと睡眠することができて目覚める。時差ボケ対策に、もっと早いうちに飲んでおくべきだった。朝食はFlorida Gardenで。朝食セットと、妻が食べたがっていたチーズケーキを頼む。日本のチーズケーキの倍ぐらいの大きさ。面白い味。


バスで、タンゴ発祥の地カミニートへ。カラフルに彩られた場所で、そこらかしこに土産物屋が立ち並び、THE観光地という感じ。しかしながらカミニート中心部からから1ブロック以上離れるととたんに治安が悪くなり、毎年のように観光客が刺されたり銃で打たれたりしている場所なのだけど、割と周辺も彩り豊か・アート的な感じがするのでついうっかり、というのもわかる気がする。


続いてバスでサンモルテ市場へ。いろいろな店があって目移りする。昼食にチョリソー屋でチョリソーを食べる、めちゃうまい。パンを焼いたものにソーセージを挟んだもの、というとただのホットドッグのように聞こえるが、ソーセージはビーフでパンもソーセージもカリカリに焼いてあって肉の旨さが感じられる。その後、エンパナーダ専門店でハムチーズを食べる。こちらも安価なチェーン店のものより3倍ぐらい価格も高いだけあって、サクトロウマい。また食べたい旨さ。


サンモルテ市場の横の公園で休憩。土日は蚤の市がやってるようで、いろいろなものが売られていた。どの公園も木々が大きいこともあって、緑豊かだ。その横のアイス屋でジェラートを食べる。日本じゃ見ない不思議な形のコーン。


レコレータ墓地へ。入り口の電子チケットもぎりの方に、どこから来たの?と言われたので日本と答えると「えーー日本!ちょっとまって!日本!」的なテンションで、墓地のおすすめ道順や観光スポットの説明を日本語であれこれと教えてもらい、最後に記念写真をとっても良いかと言われもちろん、と一緒に写真を撮る。日本の観光客が最近全然来ないので、日本の人と話せて嬉しい、久しぶりに日本語を使えた、等々。そんなに喜んでもらえてこちらも嬉しくなる。たしかにブエノスアイレスでは中国・韓国の観光客は見かけたが、まだ日本人は見かけていない。今のタイミングで日本から来ているのは結構レアなのかもしれない。

レコレータ墓地はかなり広く、確かに観光案内が必要なレベル。数百ある墓はどの墓も墓というよりは小さな建物という感じで立派で、地下室があったり棺がそのままおいてあったり、墓によっては手入れされておらず半ば荒れていたりと様々。レコレータ墓地近辺は山手的な高級住宅街らしく、その中に立派な墓を建てるというのは、ある意味ステータスだったのだろうか。自分もいつか死後はこうしてほしい(墓を作る・作らないという選択も含めて)、というのを真剣に考える日も来るのだろうなぁ。


夕食はミラノ風カツレツの、Milanesaを食べる。薄いカツは牛肉だけかと思いきや鶏肉も。Milanesaは一度食べたら十分かなぁ。


おたよりコーナー

写真の色合いがいつも鮮やかで羨ましい!構図も素敵!

--ろごすけ

ありがとうありがとう、普段見なれない場所というだけで点数アップの不思議!

撮影機材RICOH GR III

パレルモ地区・南米4日目 / 2023年2月3日

昨晩もあまり寝れず、時差ボケ治らず。朝は眠くはないのだけど、昼寝したあとのような感じだ。今日からはホテルの朝食無しプランに切り替えたので、朝食食べに地下鉄で外へ。目当ての店がGoogleMapsの情報とは開店時間が異なったようで、開店近くを散歩していると大きいスーパーが。異国スーパー楽しい。とりわけ妻が「粉が沢山!」と興奮していた。日本のホットケーキミックスのように、こちらでは様々な料理用の配分の粉が売られているようだ。冷凍食品で山のようにハンバーグが売られている(写真はほんの一部)のもお国柄を感じる。また店の展示がどれも綺麗だ。


スーパーを出るといい時間、目当てのCafé Margotで朝食を。トラディショナルなカフェ。オムレツっぽいものやホットサンドっぽいものを頼む。ホットサンドはペラペラの薄さ面白い。


カフェを出て移動。バスに乗ると運転手がなにか質問をしてきて、どうやら行き先をきいているよう。運転手に行き先を告げると、値段がセットされSUBEで支払うようだ。てっきり地下鉄と一緒で、路線定額制かと思ったらバスは違ったみたい。そして巨大なバスなのに街中をガンガン飛ばす。ローカルバスは普通の人の暮らしが垣間見えて楽しい。

なおバスはめっちゃ走っていて、GoogleMapsで見るとバス停だらけ。

バス停 google maps

目的のパレルモ地区で降りる。青山・代官山的な高級住宅街と小さなお店がたくさんあるような場所。巨大な街路樹があちらこちらから生えていて好きな感じ。散歩しているだけで楽しい。


歩き疲れてきたので本屋兼カフェのLibros del Pasajeで休憩する。素敵な空間。レモネードを頼むと甘さが0で、砂糖をたっぷり付け足して飲む。こちらは味付けがあまりなくて付け足すのが基本なのかな。緑茶に砂糖を入れて飲むのが基本の地域の人が日本の緑茶を飲んで驚くのと似ているのかもしれない。


その後はチョコレート店RapaNuiに行き、アイスを食べているとスコール。ほんの10-20分の土砂降りであった。Uberを呼んで帰ると、帰り道が片側10車線ぐらいの場所を通る。すごい道もあるんだなぁ。


ホテルに着くと、いつもの通り昼寝。深い眠りなってしまい17時半ごろに起きる。朝のようなシャッキとした目覚め。日本時間では朝5:30で毎日その前後には起きていたので、完全に時差ボケ状態だ。夕食は牛肉大国(一人あたり牛肉消費量世界二位、一位はお隣ウルグアイ)アルゼンチンにいることだし、ステーキを食べてみようとのことで、El Establoでステーキ。小さいサイズでも350gもあり、赤身のうまみ!という味であった。


自分も妻もお腹いっぱいになったので、近くのショッピングモールを冷やかし散歩。新しいショッピングモールはどこも豪華だなぁ。帰り道はちょうどマジックアワー。20時すぎに日の入りなので、21時前ぐらい前まで薄明るい。

撮影機材RICOH GR III/ricoh gr iiix

本屋エルアテネオ・カフェトルトーニのタンゴ・南米3日目 / 2023年2月2日

ホテルの予約はこの日までだったのだけど、立地も良いしサービスも部屋も悪くない、ネット速度もぎりぎり十分(遅いときは数Mbpsになるが、たいてい10~30Mbpsは出る)なので追加予約。同じ部屋で手配をする。

タンゴ発祥の地、ブエノスアイレスに居ることだし、本場でタンゴを見てみようとカフェトルトーニのタンゴを予約する。WhatsAppでメッセージを送ると、予約できたので予約分支払いしてね、とのことで午前中散歩がてらトルトーニへ。なおホテルもタンゴも予約手配は妻が全部やってくれた、感謝。

散歩写真。そこら中に大きな木があるのはやはり良いなぁ。


その足で地下鉄へ。SUBEという地下鉄・バスで使える交通カードを駅の窓口で二人分購入しようとすると、二人でも1枚で問題ない的なことを言われる。スペイン語だったのでなんで一枚で大丈夫なのかはよくわからなかったのだけど、駅員の言うことなので問題ないはず。実際に乗ってみると同じ沿線は定額で、降りるときはSUBEが必要なく、入り口で合計二回タッチすれば二人分の料金はかかるが問題なく通れるようだ、なるほど。


数駅のって、世界で二番目に美しい本屋エル・アテネオへ。大手本屋が劇場を改装して作ったという店で、たしかに面白い作りで美しい。その後は近くのカフェで昼食を取る。ブエノスアイレスでは味付けが薄いまま出てくる料理が多いようで、決まって塩・コショウ・オリーブオイルも出てきて、自分の好みの味にして食べる物が多いようだ。

ブラブラしていたら疲れたので、Uberで配車して帰ろうと思ったが、VISAだとどのカードも決済エラーで使えず困る。Masterなら使え、配車する。Uberなら2人で2-3kmで250円ぐらいなので、この額なら疲れたら積極的にUber使って良さそうだ。ホテルに戻ると、まだ時差ボケがなおってない影響か、結構深い眠りの昼寝をする。


夕方、カフェトルトーニへタンゴを見に行く。今は18時と20時の公演があるようで、18時の公演を見る。終わっても19時なのでまだ日も落ちてなく嬉しいね。1Fがカフェトルトーニで、地下1Fがタンゴの舞台。1Fのカフェも良い感じであった。料理を注文し、タンゴが始まるのを待つ。ホットチョコレートにチュロスをつけて食べる物(スペインの食べ方?)を頼む。


タンゴショーの初めに、お客にどこから来たんだい、と場を温める演出があり、スペイン・ブラジル・カナダ・タイ・日本といろいろな国から観光客が来ていたのだが、結構ロシアからの観光客たちも。ロシアと言うと、今は基本仲が悪いと思ってしまうが、西側諸国以外では中立国や協力国もそれなりに多いよなぁ。

タンゴを生で見るのは初めてだったのだけど、足の素早いステップやアクロバティックなダンス等々、魅入ってしまってあっという間の1時間。来てよかったタンゴショー。食事をしながらで気疲れせず、時間も1時間と程よい長さで初心者にちょうどよいなぁと感じた。


おたよりコーナー

南米満喫してますね〜.写真見てると行きたくなります!

エンパナーダ,揚げ餃子みたいで美味しそうですがどんな味があったんですか?(絶妙に写真から読み取れず)

--Nのさくさく担当

エンパナーダは標準的なものがハムチーズとミートソースのようです。おにぎりの具みたくお店によって入れる具材はまちまちで、このお店では他にチーズバーガー味やBBQ味とかありました。ほかにもたくさんあったのですが、スペイン語のためパット見何味かわからず!

撮影機材ricoh gr iiix/RICOH GR III

ぶらりブエノスアイレス・南米2日目 / 2023年2月1日

昨晩は疲れていたこともあって、サクッと寝れるかと思いきや、日本との時差12時間で完全なる昼夜逆転時間であって、それほどは寝れず。昼寝みたいな感じになってしまった。外出の準備をすると折りたたみ傘がない。モンベルのトラベル折りたたみ傘をどうやら飛行機内に落としてしまったようで悲しい。この折りたたみ傘は86gでどこに持っていくのにも重宝したのに残念。国外だと売っていないからなぁ。仕方ないので、後ほどコンビニで安い折りたたみ傘を買った。


朝食の後、現地通貨のアルゼンチン・ペソを持っていないのでGoogle Mapsで評判が良さそうな換金所へ。1USD=375ペソで換金してもらう。その辺を歩いていると、いろんな人が「cambio~,cambio~(両替)」と声をかけてくるのだが、どこに連れて行かれるかわからないので安心の店舗で両替。正規レートだと今日現在1USD=187ペソぐらいなのだが、ブルーレートと呼ばれる庶民レートだと1USD=377ペソ(ネット調べ)で倍違う。VISAのカード決済レートだと1USD=327ペソ。100ペソ=40円(VISAレート),33円(ブルーレート)ぐらいの感じだ。Webやアプリ上のオンライン決済だと正規レートのドル建て換算となってる物もあって、すると実質倍ぐらい高く表記されていて色々と混乱する。また、VISAはブルーレートに近い独自レートで決済され、MasterCardは正規レートで決済されるが、外国人旅行者は後日払い戻し(たぶんVISAのレートぐらいのレート)されるらしく、これまた混乱する。

アルゼンチン・ペソは現在も一年で倍ぐらい対USDで価値が下がっていて毎月持ってるだけで10%弱ぐらい価値が下がっていくという、インフレ社会恐ろしい。そのため、各種ガイドブックでのアルゼンチン・ペソ表記は全く目安にならないのだよなぁ。また、お店もしょっちゅう値段改定があるだろうから、消して変更可能な黒板を使っている所も目立つ。


近隣をぐるっと散歩する。街中にも巨大な樹木が多くて好きな感じ、シンガポールさがある。歩行者用信号が壊れていることをが多く、車用の信号を見ながら様子を見ながら渡る。現地の人について渡るのが簡単。一度赤信号(歩行者信号が壊れている)を渡って、クラクションを鳴らされる。普通に飛ばしている車だったら轢かれるところだった、気をつけねば。


昼食はカルアヘス市場でハンバーガー。牛肉たっぷりの味。カルアヘス市場はいかにも観光客向けの綺麗で新しい商業施設で、値段も高いのだけど、ぶらり初日だし安心できそうな場所で。


ホテルに15時頃戻って、疲れが溜まっていたのか時差ボケの影響か横になると寝てしまい、あっという間に19時に。そんなにお腹も空いているわけではないので、近くのエンパナーダ屋でアルゼンチンの日常食、エンパナーダを買って食べる。思ったよりも油っこくなく、色んな味のエンパナーダがあって良いね。エンパナーダ3個+ペプシで200円ぐらい。

本当は夜もブラブラ散歩したいのだけど、治安が良いと言われる中心部も夜もだいぶ治安が悪くなるらしく、またそんな雰囲気も十分感じ取れるので、ホテル近辺の明るい人通りの多い場所のみをちょっと歩く。

撮影機材RICOH GR III

羽田→パリ→ブエノスアイレス・南米1日目 / 2023年1月31日

羽田から14時間のフライトを終え、今はパリのシャルル・ド・ゴール空港で日記を書いている。深夜便だったからか、思ったよりも機内でだいぶ寝れて実際に感じた時間は短かった。ロシアの領空を飛べないので、パリまでは中央アジアらへんを通っていくのかと思っていたら、アラスカ・グリーンランド・北極圏・アイスランド・イギリスあたりを通ってパリ、というルートだった。北極あたりでは空が紫で満月に近い月も紫がかって見えて神秘的な感じであった。窓際席でないので写真が取れないのが残念。

フライト中に横に座った方が翻訳アプリで「よい旅を」と挨拶をしてくれたので、英語で話を振ると頑張って日本語で返してくれる。ブラジルの方で、日本に働きに来て日本で結婚(パートナーはブラジルと日本のハーフ)し子供もいて、工場で仕事をしている、久しぶりにブラジルに帰るのだ。なので夫婦間ではポルトガル語でコミュニケーションとっていて、日本語はチョットデキル、子供のほうが上手い、英語はわからない、という話でなるほどなぁ。良い帰国になれば良いなぁ。

約5時間のトランスファーを経て、次はブエノスアイレスまでまたまた14時間弱のフライト。今度もあまり時間を感じないとよいのだけど。

ルート


先程の羽田→パリは機内でもかなりのマスク着用率だったのだが、パリ→ブエノスアイレスではほぼマスクを付けてる人おらず、国ごとの違いが伺える。飛び交う言語も基本スペイン語かフランス語なので、機内から徐々に異国感が出てきたなぁ。日本の添乗員さんも居て、日本人は我々二人だけでパリ→ブエノスアイレスの便に日本人が乗るのは珍しいと教えてもらう。ですよね。

また、さきほどはずっと夜のフライトで、パリに着くころにちょうど太陽が出るころだったのだけど、今回は逆にずっと日が出ていて、到着前頃に日が沈む感じも真逆で面白い。

ブエノスアイレスにはトランスファー合わせると合計32時間時間ほどの道程を経て到着する。なんだかんだで結構疲れたなぁ。着陸に成功したときに機内で拍手が沸き起こる。おおー、これが噂に聞くやつか。


ブエノスアイレスに着いて飛行機を降りると、パリの空港では感じなかった異国感。蒸し暑さと香水的な香りのせいだろうか。夜到着だったのでエアポートバスもなく、空港手配のレミース(タクシー)でホテルまで移動。途中高速道路でエンストして路肩に停まって修理をしだして、このまま無事につくのだろうか、と少々不安になるが15分ほどでまたエンジンがかかるようになり再出発。

中心部は夜でもにぎやか。疲れているのだけど、その日のうちに日記を書いてしまわねば、とこれを書いて就寝する。

撮影機材RICOH GR III

羽田から出発 / 2023年1月30日

日本出発日。準備は先日まででほとんど済んでいたので、届いたばかりのブエノスアイレス ノスタルジックな「南米のパリ」を読んで、イメージを高めたり行きたい場所を考えたり。電子書籍で持っていけたら良かったのだけど、残念ながら物理本しかなかったのだよなぁ。

冬場に家を長期であけるので、水抜きしたり不凍液を入れたりガスの元栓を締めたりと一通り妻がやってくれた。


夕方、O家に那須塩原駅までお見送りいただく。いやーほんとO家にはお世話になったし、何よりも楽しかったなぁ。引っ越してもお元気で、また会いましょう!


久しぶりの羽田空港。南米はドルが強いらしいので、手持ちのドルに加えてもうちょい追加で日本円をドルに変えておく。昨年に比べたら円高になったとは言え、3年前よりはだいぶ円安。前回東南アジアやインドを回ったときは、普通にATMキャッシングで問題なかったので、ドルは殆ど使わなかったのだよなぁ。今回はどうなんだろうか。

そしてこれから出発だというのに、海外に行く感じがまだ全然しない。前回海外に行ったときは家も引き払い、完全に仕事もない状態で、いつ帰国するかも解らなく、これから海外に行くのだ…という渡航前からある程度の感慨深い物があった。今回はちょっと仕事もしつつ、帰る家もあり、帰国タイミングも大体は決まっている、というある意味普段の生活の延長線上の旅行だからだろうか。前回は旅、今回は旅行、なのかもしれない。

撮影機材RICOH GR III

2023年1月29日

旅行に持っていくカメラは GR III, IIIx の2つを選択した。ささっとポケットから取り出し気軽に撮影できるし、換算28mmと40mmの画角があれば、そんなに困ることはなさそう。USB-Cで充電できるのも良いし予備バッテリーも共通化できる。と、MacとGR IIIをUSBで繋ぐとLightroom CCから取り込みできない(MTPのデバイスとして認識できない)ことに気づく、マジカ。写真.appはRAW取り込みできないし、Image Capture.appでのMTPはだいぶ使いにくいし、少々面倒だけどSDカードリーダ経由の取り込みとなりそう。しかたなし。USB経由はMTPよりもマスストレージに対応してほしいところ。

そういえば最近のGR III/IIIx のファームウェアアップデートで電源切る時に総撮影枚数が表示されるようになったのだけど、GR IIIx が2000枚強、IIIが15000枚強で思ったよりも撮っていなかった。またファームウェアアップデートによりネガ風フィルターも付いたので試し撮りしてとってだし。悪くない感じ。

撮影機材ricoh gr iiix

土地の契約 / 2023年1月28日

住宅ローン仮審査が通ったから、というのとは関係なく土地購入の契約日。東京に比べたら土地価格は全然安いのだけど、それでも過去の人生で一番高い買い物だ。それまでのトップは何だったろうか思い返すと次点は結婚式出会った。

土地を買ってしまったからには、何らかの大きな問題が発生しない限り、このままこの場所に家を作っていくのだろう。賽は投げられた。


その後、同じ建築事務所で建てられたお宅をまたまた拝見させていただく。家も話も大変参考になってありがたすぎる。前回拝見させていただいた方も、今回の方も快く拝見させていただき、みなさんお人柄もよく感謝しかないなぁ。


夜は那須塩原から引越し予定のO家と旅行に行ってしまう我が家でサカナバルRANGEで夕食。初めてこの店へ行った時はO家に連れて行ってもらったのだよなぁ、懐かしい。気兼ねなく色々話せる仲になれて那須塩原生活を更に楽しむことができた。お互い家族ぐるみの付き合いとなったので、距離的には離れても引き続き良い関係を続けていきたい。


さらに夜に、ロコタビというサービスを使って、旅行予定の街に住んでいる方とビデオチャットで気をつけるべきことや、おすすめのスポット・料理等々を教えていただく。コロナ禍でガイドブック情報鮮度が古い中、最新の話を在住の方に直接あれこれ尋ねられ、便利な世の中になったものだなぁ。


今日は久しぶりに色々活動した一日。写真は立ち寄ったみるる前の足跡。

撮影機材ricoh gr iiix

2023年1月27日

住宅ローンというものは普通に生きていれば問題なく通るものだと思っていたら、個人事業主N年→法人成りで法人化したばかりだと、個人事業主のN年間は考慮されずほぼ信用がない状態での審査となる(ので大抵落ちる)ところが殆どらしい。「いや〜、個人事業主が軌道に乗って法人成りしたタイミングで家を建てたいと思う方が結構多いのですよね、落とし穴なんです。去年ならなぁ〜。」的なニュアンスのことを言われてしまった。義務教育で学んだ教科書には載っていなかった。そんな住宅ローンだったが、建築事務所の方に尽力いただいたおかげで某所の仮審査が通ったらしい。生涯で住宅ローンを借りることは大抵複数はない気もするけど、勉強になった。


夜は雪の那須山温泉。ここの水風呂は外の気温に影響されるので、今日はガチガチの冷たさでヤバい気持ちよさ、冷たすぎる水風呂は体にはよろしくないらしいが。まだ雪が残る道では、ハンドルが取られて危ない危ない。


最近またKindle Paperwhiteで本を読むことが増えたしたのだけど、何が良いってフォントサイズをめちゃ大きくできるところが良い。1画面で7-8行表示で読んでいてとても読みやすい。老眼にやさしい。

撮影機材ricoh gr iiix

輝きの草 / 2023年1月26日

昨日の一日雪とはうってかわって、起きると陽の光。朝散歩に出かけると、雪が積もった草が光の反射でとても綺麗。ちょっと後には日差しで溶けてしまうだろうから、ほんの一瞬の草が輝く世界を散歩できて幸せである。


昼も散歩。草の輝きは失われてしまったが、普段と違った白い世界は楽しい。毎日が雪だと大変だろうが、年に数回降り積もると雪を楽しむのに程よい感じがする。

撮影機材E-M1 Mark III/OLYMPUS M.12-100mm F4.0