A Day in the Life

森林浴一万歩の森のヤマユリ・鈴の四川担々麺 / 2022年7月17日

森林浴一万歩の森ではヤマユリがシーズンらしく、散歩がてら見に行く。ちょっと旬は過ぎてしまったようだけど、それでもかなりの数のヤマユリがそこらかしこに咲いていて見事だった。途中余り使われてない散歩道に入ったら、蜘蛛の巣だらけで大変であった。


昼食は四川中華料理屋・鈴へ。名物と思われる四川担々麺を妻が辛さ控えめで頼んだが、それでも十分の麻辣な辛さ。時々こういう麻辣味が食べたくなるので、そのときは鈴に行けば良い、ということがわかった。


そろそろkaggleコンペなにか取り組もうかなーといくつか見てまわる。Feedback Prize - Predicting Effective Argumentsは前回やったような自然言語処理系コンペ。締め切りまであと一ヶ月と、ちょうどよいタイムリミットかもしれない。

最近オープンになったコンペ、Google Universal Image Embeddingは画像を64次元で表現して類似画像を当てるコンペ。学習データは用意されておらず、主催が用意しているベースライン実装ではimagenet-2021の合わせて約150GBのtfrecordを学習データを使うようだ。ベースライン実装のように主戦場はViT+蒸留になるのかな、全然やったこと無いし類似画像モデルを作るのは面白そうだけど、全然勝てそうな気がしない。

撮影機材leica m11/Voigtlander NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 Aspherical II VM SC

2022年7月16日

先日食べたアスパラが美味しすぎて、再度食べたいなとに黒田原駅前みんなの店へ。残念ながら今日はもう売り切れてしまった、ということで別の野菜などを購入する。みんなの店ではコロッケバーガーや餃子などを食す。注文してからきちんと揚げてくれ、揚げたてで美味しい。お店の雰囲気も店員さんもアットホームな感じの温かい店だなぁ。


その後黒田原の和菓子屋、なかむらや志水に立ち寄り、まんじゅうやどら焼きなどを購入する。すぐに食べたまんじゅうのこしあんは、程よい甘さで美味しかった。

続いて芦野温泉でゆっくりと温泉につかる。


温泉の後は喫茶新川屋へ。混んでて入れないかな?と思ったのだけど夕方の時間帯だったことも有り問題なく席につけた。コーヒーもケーキも美味しかったな。昼食後の時間は喫茶時間となり、大きな音量で鳴っているJBL4333で音楽を楽しめる。店主の選曲も好みだなぁ(1970年代のソウルやフュージョン的なサウンド)。温泉後もゆっくりとした時間を楽しめた。

撮影機材ricoh gr iiix

2022年7月15日

ねぎとろ丼うまし。


プライベートイベントの閉会式的なイベントに参加。外側に話を公表できないのは残念だけど面白かったなぁ~。関係者の方々、ありがとうございます。


今日のpandasクックブック読み進めは6章のインデックスアラインメントまで。

撮影機材α7C/ZEISS Batis 2/40 CF

2022年7月14日


pandasは何故pandasというのか、とりわけ疑問に思ったこともなかったのだけど、家のその辺にpandasクックブックを置いていたら妻が調べだし、panel data が由来らしい、ということが解った。


今日のpandasクックブック読み進めは5章のbooleanインデックス法まで。インデックス法には関係ない話だが、インデクサに限らず何らかの列にアクセスするときにその列がソートされている場合(is_monotonicがTrue)なら探索がバイナリサーチになるので高速になる、というのは知らなかった。

レスポンスタイムが余り大切ではないデータ分析時にはバイナリサーチせずとも大して時間がかかるわけではないので使う機会は少なそうだけど、何らかの用途で高速化が必要なときには頭の片隅にあると嬉しい知識かもしれない。データ探索がよく行われるデータ構造なら、バイナリサーチ可能かどうかをフラグで持っているというのはたしかになー。

撮影機材α7C/ZEISS Batis 2/40 CF

両親来訪 / 2022年7月13日

両親が遊びに来たので家でしばし話した後、周辺案内。昼食はお気に入りのgarden AUX PARADISへ。


その後は雲巌寺へ。雲巌寺はきっと行ったことがない場所だろうと思って案内したら、なんと数年前に訪れたことがあるらしいし、父の趣味の一つの御朱印も貰っていたとのこと。行動範囲が広いなぁ。


長生きはもちろんのこと、旅行ができるぐらいの健康が続くと良いね。

撮影機材leica m11/summicron-m 1:2/35 asph.

紫露草 / 2022年7月12日

午後からは結構しっかりとした雨。昨日はだいぶ暑かったのだけど今日は雨ということもありだいぶ涼しくなる。寒暖差がけっこうあるので体調管理に気をつけないと。


摘んできたきれいな野草。紫露草というらしい。夜にはしぼんでしまうが、蕾がたくさんありほぼ毎日新しい花が咲く。野草の花は生命力が強く、この暑い時期でも水差しでだいぶ長持ちする。


pandasはPythonでデータ分析するときに便利なライブラリ、しかしながらAPIが解りにくく雰囲気で使いながら適当にやり過ごしていたのだけど、そろそろちゃんと覚えたほうが効率が良いよなぁと良さげな本、pandasクックブックを読み始める。先日から読み始めていて~4章まで読み終える。

うーん、pandasの覚えたくなさ。たとえば分析にSQLは必須だけど、こちらは標準化されてるものでもあるし、SQLの使い方・考え方を覚えることは価値がある。技術的にSQL自体も面白い。ただpandasは「Pythonでのデータ分析」にしか活かせるものでしかなく、たいてい分析で必要なことは何でもできるがごちゃごちゃしたAPIはできる限り覚えたくない、というのはpandasを触ったことがある人の共通見解なのではなかろうか…。いや便利は便利なのだけどね。

撮影機材α7C/ZEISS Batis 2/40 CF

シンウルトラマン・黒羽城址公園の紫陽花 / 2022年7月11日

映画館でなにか映画観たいなーとシン・ウルトラマンを観る。面白かった。相変わらず本のテーマを大人向けに庵野節でアレンジするのうまいなぁ。ただ、シン・ゴジラ、新・ウルトラマンと方向性が似てきたので、今後の作品ではどう変わっていくのか、変わらなくても面白いのか、楽しみ。映画館であるフォーラム那須塩原は思っていたより断然綺麗で、都会のきれいな映画館のよう。良い設備の映画館だなぁ。


映画館と同じ敷地内に文具店(と梱包資材)だけでやっている希有なお店(タカダ黒磯店)があり立ち寄る。広い店内は文具店として品揃えが豊富、今度リフィルが欲しくなったらここに来よう。試し書きできたジェットストリーム プライム 3色ボールペンのデザインと質感が気にいったので、少々高いが購入する。ネットならもっと安いのだろうけど、出会いの場所を与えてくれた店舗に還元したい。


黒羽城址公園に旬の紫陽花を見に行く。こんな場所があったのかー。芭蕉の館へ通じる階段も秋には紅葉が奇麗そうだ。その後黒羽温泉 五峰の湯に立ち寄るも休館日で、東山道那須温泉にちょっと足を伸ばし入浴して帰宅する。

撮影機材leica m11/summicron-m 1:2/35 asph.

参議院選挙投票日 / 2022年7月10日

昨晩から部屋の外で金属を叩くような音がしていて、大きい虫がぶつかっているのかな?と疑問に思っていたのだが、今朝外に出るとベランダにやたら草が散らばっている。すると金属の出っ張りの上で、なにやら鳥の巣を作ろうとしたがうまく作れなかった跡が。巣を作ろうとして草を運んでいたのだなぁ。

そして家庭菜園の側では小さな蜂の巣ができていて、たしかに蜂たちは家庭菜園の花の蜜を吸っているようだし、職場近物件として巣を作り出したのだろう。すまないと思いながら、巣が小さいうちに撤去してしまう。


参議院選挙投票に会場の廃校になった小学校に行き投票する。その後、昼食は伊王野道の駅で蕎麦を食べる。暑いからか、非常に混雑していた。


道の駅付近散歩。鷹が滑空していて気持ちよさそうだ。


夜のヤクルト戦は選手団がコロナにより試合キャンセル、ということで珍しく参院選のNHK開票速報番組を見る。20:00になった瞬間にかなりの数が当確とのことで、そんな早く確定だせるものなのだなぁと思ったり。

漫画家の赤松健氏が自民党比例代表でトップ当選。高校の頃とても好きだったラブひなの作者が衆議院議員と思うと感慨深い。氏はマンガやクリエータ保護活動をだいぶ前からアレコレやっていて素晴らしいよなぁ。

撮影機材leica m11/summicron-m 1:2/35 asph.

2022年7月9日

毎日たくさんのキュウリがとれる。つむときにはまだ花がついていて可愛らしい。


アレコレしていたら一日があっという間に終わってしまった。

撮影機材α7C/auto yashinon-dx 50mm f1.7

2022年7月8日

N氏から、最近のTypeScript,Rust等を始めとした次世代プログラミング言語は決定的に何が違うのか、という一つの解として変数を代数的データ型として扱えることにあり、そのためにそれ以前の言語との設計の考え方が根本的に変わってくるのではなかろうか、という話を共有してもらいなるほど面白い。代数的データ型は関数型言語では割と当たり前のようだけど、それがいわゆるTSのような広く職業プログラマが使う「ふつう」のプログラミング言語でも扱えるようになったことによって、これから業務システムの設計でも言語の基本機能が変わったことによりパラダイムシフトが進むのではないか、と。

モヤッと感じていた事がきちんと(日本語に)言語化されていることもそうだし、N氏はTSをちゃんと触りだしてほんの2-3ヶ月で本質はここなのでは?といった仮説を建てられるセンスもほんとすごいなぁ。


M2搭載MBA発売日、というわけで購入ボタンを押してしまった。Windowsのラップトップと迷ったけど、Apple Silicon使ったことがなかったので一度は使ってみたかったので。


元総理大臣が襲われて心肺停止、その後お亡くなりになられるといういたたまれない世間がざわつく。世の中の反応を見ているとなにかを書きたくなるが、所詮チラシの裏の話(まぁここもチラシの裏なのだが…)なので、家庭で話しておしまい。こういうときに身近に話せる人のありがたさを感じる。


マーケティング・エンジニアリング入門読み進めは最後まで。最後の方の章は実際にどう施策をするのかを簡単な線形回帰で説明したり、ビッグデータや機械学習とは、という話だったのでさらっと。更に得られた知識がとりわけあった訳では無いが、俯瞰的に見るのに良い本だったのではないか。マーケティング系の事業をやる人(含むエンジニア)が最低限の知識を理解しているのか、理解できなかった箇所があるなら、もうちょっとわからない部分の基礎を調べてみたらどうか、というチェックシート・共通知識を得るための本としても良さそうだ。