A Day in the Life

フィンランド~バルト三国 - 1日目 - ヘルシンキ

まだ知らぬ色々な地域のUXを体験して見よう、という旅仲間と次どこに行こうか、と話していたところ、北欧は現金流通率低い(スウェーデンは2017年で15%、手にマイクロチップ入れてる人も4500人居るとのこと)し、なんだか面白そう、ととりあえずGWに向けて一番高くなる飛行機チケットを抑えておこう、と東京←→ヘルシンキの7泊分の飛行機チケットを取ったのが2018年11月。

その後あまり確たる予定は決めず、折角行くならバルト三国も巡ってみようと、バスやホテル予約をし始めたのが一ヶ月ぐらい前。結局、私はスウェーデンには行かず、フィンランドからバルト三国を巡るルートとなった。


と言うわけで4/25の一日目は、成田→ヘルシンキへ。finair のアプリは事前チェックインでQRコードが発行されササッと搭乗手続きが出来て便利だった。9時すぎに成田を出て、ヘルシンキに13時(サマータイムなので6時間)頃到着。

ヘルシンキに降り立つと、ほとんどの人は Transfer でどこか別に場所へと行き、出国ルートに進んだのはホンのごく少数で、本当にこちらであってるのか心配になるような道を進み無事出国。 

降り立った空港から感じるオシャンティ感…!ATMでとりあえずクレカで140ユーロを下ろしたけど、実際は40ユーロもあれば十分だった。主に公衆トイレが0.2~1ユーロほどで、そこで利用することに。

メインの旅行SIMは、ヨーロッパ全域で使える、評判が良いThree SIM を持って行った(3G通信だけど、ストレスを感じる事無く無く使えた)、折角なので空港のキオスクで、DNA(フィンランドの通信キャリア)の SIM も購入。5日間使い放題の4G通信で、5ユーロ、安い~。

空港を出て電車でヘルシンキ中央駅へ。切符は MaaS な統合サービス Whim アプリで購入。電車もトラムもバスもタクシーも、このアプリ一つでルート検索からチケット購入まで出来る。なおWhimはSMS認証必要なので、日本に居るタイミングで事前登録しておくと良し。

中央駅は、格子状な駅でオシャンティ。

駅前のホテルで荷物を下ろして移動。あーどこもオシャンティだ!(そればっかり)。

本屋もオシャレ。本の装丁がカラフルで並んでいるだけで映える。

この後お世話になるシェアリング自転車。割とその辺に置き場がある。

ときどき斜線がある看板を見かけるんだけど、例えば一つ目のは「駐車禁止ではないよ」を明示的に表してるのかな。

ヘルシンキ大聖堂へ。

あいにくの曇り空。

カモメが町中、そこら中に居るね。

大聖堂を見た後は、シェアバイクで街中を巡る。たしか24時間レンタルで5ユーロ。印刷されて出力されるワンタイムPINと、ユーザごとのPINをセットで入力して解錠。自転車置き場が決まっていて、そちらに返すタイプ。

ヨーロッパでよく見かける(らしい)、橋に鍵をかけるやつ。愛の南京錠というのか~。

ウスペンスキー寺院。中に入ると「No Siteseeing」の文字が。そそくさと出る、すいません…。

街中はどこも綺麗~。

街中のマリメッコ、日本人が多く、店員も日本語を話していた。

ミーハーなので前まで行ってきました、日本人的ランドマーク、かもめ食堂。映画のかもめ食堂、行く直前に見たけど、心を落ち着けるのに良さそうな映画だった。

スーパー。チーズがお安いらしい。

ケーキ屋(パン屋?)もオシャレ。18時頃その辺の良さそうな料理屋をトリップアドバイザーで調べて入る。

サーモンのサラダ。

サーモンのスープ。

トナカイの肉、初めて食べたのだけどジビエぽい味。

どれも美味しい。入ってメニュー見てから気付いたのだけど、トナカイ料理がメインのお店だった。ラップランド地方の郷土料理で、その代表的なトナカイ料理やサーモンスープらしい。

- https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g189934-d779830-Reviews-Restaurant_Lappi-Helsinki_Uusimaa.html

時差ボケも少しあって、現地時間の21時前に就寝。ヘルシンキの日の入りは21時ぐらいなので、まだまだまだまだ明るかった。この日、使った現金は0ユーロ。