A Day in the Life

ニューカラー / 2021年1月19日

暗い雲は夜明け前は単色の、ただののっぺりとした雲に見えるのだけど、太陽が当たり始めると空と雲の境界に階調が出てきて綺麗。


以前日記に書いていた、ジョギングした、というメモを付けるのを数日前から辞めている。以前は日記に書くことで、ちゃんとジョギングをするのだ、という習慣化に役立っていたのだけど、今はジョギングもしくはFit Boxing 2 をほぼ毎日継続できているので、とりわけ日記に書かなくとも続けられるようになったからだ。60日続けば一節によると習慣づくらしいが、始めてから2.5ヶ月たったし、習慣化されたのかな、と思う。


1970年前後に起きた、新しい写真家達のニュー・カラー、という風潮を知る。モノクロ写真がアートだった時代に、まだ記録写真としての位置づけだったカラー写真のアート分野を切り開いた、アメリカの写真家達の写真がニュー・カラーらしい。大判カメラで切り取られた、アメリカの風景。すごく好きな色合いだ。

そのうちの一人のStephen Shore のウェブサイトではある程度写真がウェブ上でも観れる。heightが480px固定なのだけど、実際の画像は長辺1600pxぐらいある。ただファイル名は連番.jpg になっていて、アレして見るのに優しい。

写真集も買いたいけど、日本では売っておらず輸入版になり、倍ぐらいの値段がしてしまうのだよなぁ。


夕方、東神奈川駅あたりまで散歩する。Jupiter-12、レンズの汚れが気になることもあるけど、気にせず撮ればこれはこれで問題ないし、味とも感じられる。

撮影機材RICOH GR III/α7C/Jupiter-12 35mm F2.8

関連するかもエントリー

白黒カラー化と Photoshop Elements / 2021年6月18日
AIが白黒写真をカラー化することで新な世界が生まれた 小池裕也写真展「新しい自然」の記事を読んで、人間にとって可視光でない赤外線カメラのグレースケール写真をAIでカラー化する、アイディアが面白いと感心する。そういえばグレースケース写真のカラー化、今どういうのものが有るんだろうと調...
AIが白黒写真をカラー化することで新な世界が生まれた 小池裕也写真展「新しい自然」の記事を読んで、人間にとって可視光でない赤外線カメラのグレ...
写真一覧ページを作る / 2021年1月26日
晴れのち曇りのち雨。な予報だったので午前中に散歩。今までも作っては居たけど、ちゃんと手を入れていなかった写真一覧ページをそれなりにちゃんとした。すべての写真の120pxサムネイルが出る(画像はloading="lazy"属性で、ビューポートに入るまではロードしない遅延ロード)ので...
晴れのち曇りのち雨。な予報だったので午前中に散歩。今までも作っては居たけど、ちゃんと手を入れていなかった写真一覧ページをそれなりにちゃんとし...