A Day in the Life

🇮🇳ティルヴァナンタプラムからニューデリーへ / 世界一周113日目

朝食は昨晩と同じローカル店でドーサとワダ、うーん美味しい。南インド料理のドーサとワダ、日本では馴染みが少ない(以前住んでいた家のそばに、ナンディニという南インド料理屋があったからたまたま知っていた)のだけど、美味しいので日本でももっと流行って欲しいな。

昼過ぎにニューデリーへとフライトで移動。約3時間半でインディラガンディー国際空港へ到着。最高気温が32度から17度へとガクッと温度が下がる。

宿泊予定のニューデリーのホテルから、詐欺に遭わないような注意喚起メールが昨晩届く。タクシーにホテルを告げると「そこは昨晩火事で大変だったよ。知り合いの良いホテル案内するよ」といって別のホテルに連れて行かれ高額請求されたり、ホテル近くの関係ない人が「そのホテルは今は改装中で入れないんだ」と言って別のホテルに案内されたりするから注意、とのことらしい。

デリー詐欺注意のYouTube動画へのリンクも貼ってあり(しかもきちんとしたアニメーションで製作されている)、いかに詐欺に会う宿泊客が多いのかを物語っている。他にも、警官の制服を着た偽警官を活用した詐欺、周辺の複数人が共謀してあたかも現実でその事が発生しているように錯覚させる劇場型詐欺等々、様々な詐欺があるようだ。

空港からは安全なUberで無事ホテルに到着して晩飯へ外へ。道はそこそこ暗く汚く、その辺に野犬や牛がいる。比較的綺麗で平穏な南インドからデリーに来ると、THEインドという混沌とした感じで懐かしい。

晩飯はローカルな飯屋でカレーを食べた後、横のお菓子屋では巨大な鍋で何かを煮ている。デザートがわりか、晩飯を食べた人たちがお菓子屋の前にたむろして、その鍋の飲み物を飲みつつ、お菓子を食べている。鍋がとても気になったので、注文すると壺のようなコップで出てきて何処かで飲んだ味。これは何かと聞くと、ホットミルクとのことで、なるほどスパイス入りホットミルクの味だ。美味しい。

飲み終わると、壺はゴミ箱へ入れガチャンと割る。一度限りのコップがあるとは聞いていたけど初めて使った。カーストが根強かった頃の風習で、他カーストが口をつけた使った器を再度使うなんて汚らわしい、というわけで飲み終わったら壊してしまえばそんなことは起きないから、昔は使ったら割るが普通だったらしい。確かに、現代のチャイは紙コップでの提供が多いのも、他人の口つけたものを再度使わないからなんだなぁ。