A Day in the Life

関空からシンガポールへ / 世界一周1日目

朝は近くのパン屋で、渡航前の最後のパン。東南アジアはパンや乳製品はあまり期待していないのだけどどうなのだろう、と思いつつ美味しいパンをいただく。

昼前に千本鳥居へ。平日の昼なのに観光客だらけで、週末は大混雑なのだろうなぁ。本当は上まで登りたかったが、渡航前に疲れるのも大変なので、入り口ちょっとで戻る。

その後、京都駅からバスで関空へ。90分ほどと思った以上に京都と関空は近かった。関空からのフライトなのは、一ヶ月ほど前のチケット価格では、シンガポール片道直通便チケットが東京からだと四万円(しかもクアラルンプールで給油立ち寄りのため乗っている時間が長い)、関空からだと1万半ば、と移動交通費を入れても関空からの方が安かったため、なら徐々に旅行しながら東京→関空に移動しようということで、関空からのフライトとなった。

関空ではプライオリティパスがあると、ぼてじゅう(鉄板焼き屋)が妻と二人で6800円分も無料(同伴者有効パスでないとダメだけど)になり大変お得な気分に。プライオリティパスの一般的な使い方であるラウンジの無料使用では、そのラウンジが有料ならあえて使うことはないため、お得度をそれほど感じないのだが、普段現金で消費しているものが無料だと、とても得した気分になる。

関空から約6時間強のフライトを終え、深夜にチャンギ国際空港へ。6年ぶりのシンガポールだ。到着はターミナル2だったので、最近作られた空港内の豪華な滝は見ることができず残念。

空港からはgrabでゲイラン地区のホテルへ。深夜なのに、通常のタクシーなら深夜料金がかかるのだけどgrabはかからず、たった13S$で到着。タクシー安い。

ほぼ移動で、世界旅行1日目はすぎて行った。