A Day in the Life

2021年8月25日

高野秀行氏の書籍、ミャンマーの柳生一族を読む。2004年に直木賞作家(かつ早大探検部の先輩)である船戸与一氏のミャンマー取材旅行に呼ばれ、毎度の通りおもしろおかしな辺境旅行をしつつ、その時のキン・ニュン政権を柳生一族になぞって解説するというもの。アウン・サン・スー・チーのミャンマー少数民族に対する扱いの問題なども、ふわっとしか解ってなかったのだけど、もうちょっと理解が進んだ。

のっけから今回は正式なビザ入国で珍しい、過去7回はミャンマーへの入国は不法入国だった、という感じの面白話。そういえば以前読んだ氏のミャンマー本「アヘン王国潜入記」「西南シルクロードは密林に消える」はそんな感じの内容だったなぁ。

船戸与一氏は全く取材メモ・写真をとらないスタイルで、終盤「河畔に標なく」というタイトルが思いついた、これで小説がかけたも同然、だってあとはタイトルに合わせて話作るだけでしょ?みたいなことを言っておりさすが。河畔に標なく、読んでみたいけど kindle 版が無いのだよなぁ。


以前2週間ほど立ち寄ったミャンマーを思い出す。安全な観光地のビルマ人地域(+ちょいとシャン州)しか行ってないので、観光旅行者から見ると少数民族問題・ロヒンギャ問題・麻薬問題があるなんて見えなくて、素朴な国だなーと感じたのだったぁ。また軍事政権になってしまい情勢不安が続くので、気軽にはいけなくなってしまった。

みんなタナカをしていてかわいらしかった。

撮影機材E-M1 Mark II/OLYMPUS M.12-100mm F4.0

似ている画像がある記事

🇪🇬カイロのイスラーム地区を歩く、偽Uberに騙される、カイロからアスワンへ / 世界一周145日目🇮🇳ニューデリーとアーグラ往復、タージマハル日帰り観光 / 世界一周114日目

同じ日付の日記

2019/08/25
当初から予定されていた一つのプランである、妻の手術が明日に決まる。従兄弟たちがお見舞いに来てくれた。入院していると、人と話す機会がぐっと減ってしまうのでありがたい。きちんとしたフラワーアレンジメントだったり、お守りだったりを頂く。日曜の病院や、普段はオフィス街だったりする周辺は人...
当初から予定されていた一つのプランである、妻の手術が明日に決まる。従兄弟たちがお見舞いに来てくれた。入院していると、人と話す機会がぐっと減っ...