A Day in the Life

早朝の万葉倶楽部・書籍デジタルでフィルムを再現したい / 2021年1月18日

みなとみらいの万葉倶楽部、朝6~9時の3時間で1480円ポッキリ(+消費税,入湯税)ということを知り、早速朝6時に入りに行く。朝温泉と朝サウナ、露天・外気浴で朝日も拝めるし最高である。

人もこのご時世だからかほぼおらず、安心安全なお気持ち。


午後は Jupiter-9 をつけて山手を散歩。元町商店街は月曜は休みの店が多い、という事がわかった。

今日の現像は、ポジフィルム風マゼンダ風味で。現像後のファイルを一覧で見ると、マゼンダの色合いが良い感じに、というかただマゼンダ色です、という風味になってしまった。


書籍デジタルでフィルムを再現したいを読み終える。この本は、ネガフィルムの Kodak Portra 400 をベースとし、フィルムっぽい現像を Lightroom CC で再現するには、という解説書。よくある解説の、こんな現像は Lightroom でこういうパラメータ、というTipsではなく、ベースとなるフィルムプリセットを使って、「フィルムっぽい質感とは」を解説しながら、仕上がりをイメージした物にするにはなぜこのパラメータをいじるか、を一つ一つ丁寧に解説している。

現像に対しての考え方に筋が通っているため、ただの Tips ではなく、パラメータ各種の影響(とりわけ色関係)も理解することが出来、フィルムを再現するにとどまらず、良く出来た Lightroom 現像解説本で読んでとてもよかった。


【インタビュー】『北北西に曇と往け』入江亜季のアトリエ大公開を読む。ネーム、ポメラでも書いているなんて!仕事資料写真はGR3(たぶん、とワイドコンバージョンレンズ)で撮ってフィルム印刷してまとめているらしい。趣味用はライカCLのようだ。

森薫や入江亜季、職人という感じでとても好きなんだよなぁ。良いインタビューだった。まだ北北西に曇と往け5巻読んでないので、これから読もう。アイスランド、昨年夏に行ってる予定だった(そのために国際免許証をとったのだった、1年有効だからもう失効してしまった)んだよなぁ、あー行きたい。

撮影機材α7C/Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II SC VM/Jupiter-9 85mm F2