A Day in the Life

Amazfit Neo が届く / 2020年12月2日

朝寒くて布団から出れず、ジョギング失敗しそうになる。あぶないあぶない、どうにか起きて25分ジョギングする。今日は小雨も降り、最高気温10度ということでだいぶ寒いなぁ。

今日は仕事関連の書籍を読んでいたのだけど、家だとどうも集中できず、ブルーボトルコーヒーに行ったりドトールに行ったり。ブルーボトルコーヒー、オシャンティな感じで自分とは場違い感があり以前は行く気になれなかったのだけど、一度コーヒーを飲んでから美味しいことに気づき、最近は結構行くようになった。

ドトールはなぜかビールなども提供していて、迷走しているというか、客が減ったのか大変そうだ。

夕食は麺屋 甍へ。ここのウリのつけ麺はそんなに美味しくないのだけど、ふつうの煮干しラーメンを食べてみると煮干し風味は少なめだがふつうに美味しい。びっくりするほどの美味しさではないけど、醤油味のラーメンを近くで食べたいときは良さそうだ。


AliExpress で買ったAmazfit Neoが届く。日本円にして送料込み3500円ほどで、到着まで船便で購入から20日ぐらいかかった。値段は日本の代理店では7000円ぐらいするので半額だ。Amazfitのマーケットには日本も入っているため、大抵の商品は技適が取られているし、届いた品も取られていた。マニュアルも日本語のページが有り、アプリも日本語対応していて、とすると、正規代理店を通す意味が、保証にたいしての安心感と購入のしやすさ、ぐらいになってしまう。

初代 Amazfit Bip がやたらお気に入った時計で、画面がカラーEインクでウォッチフェイスを好きなものへと変更でき、GPS内蔵で運動計測機能があり、スマフォ連動機能を抑えればバッテリーも40日ぐらい持つので、と普通に時計+αとして便利にもうそろそろ3年ぐらい使っている。とりわけ困ってなかったのだけど、より機能を絞ってレトロスタイル(というかカシオの時計に似た)デザインになった Amazfit Neo が出た、というので安価だし買ってみたのだ。

質感は思ったよりチープ(≠レトロ)でバンドも固くちょっと大きくも感じるのだけど、しばらくこちらをメインで使ってみるつもり。と思ったのだけど、運動計測機能が見当たらない!朝のジョギングで使えないじゃん!機能表には書いてあるので、どうにかして使えそうで、海外のレビューサイトによるとスマフォアプリから運動計測を選択すると使えるとのことなのだけど、そもそもスマフォアプリ上で見つけられず、またその場合ジョギング(スマフォ持っていかない)で使えないしなぁ。むむむ。

撮影機材E-M1 Mark III/LEICA DG SUMMILUX 25/F1.4 II