A Day in the Life

🇮🇳アウランガーバードからハイデラバードへ・マクドナルドのマハラジャバーガー / 世界一周104日目

連日の観光疲れで、今日は夕方のフライトまで部屋でゆっくりする。

フライトでハイデラバードへ。その先の目的地に行くまで、アウランガーバードから1都市挟む必要があり、またチケット価格もトータルでは変わらないので、せっかくなのでちょっと滞在しようかなと。ハイデラバードかバンガロールが都市の候補地で、インドのシリコンバレーとも呼ばれるバンガロールには興味があったが、それよりもハイデラバードで行ってみたい場所があったので、ハイデラバードに決めたのであった。なおバードと語尾につく都市が多いが、abad で街という意味らしい。

フライトでは窓際の席。西日がきつくしばらく窓のドアを閉めていたのだけど、途中開けるとみたことのない雲模様で大変綺麗だ。高積雲なのだろうか、まるで白い海にいくつも浮かぶ岩山のよう。ちょうど日が沈むタイミングというのもあって、陰影も映える。雲模様を見ているとあっという間に時間が過ぎ、1時間ちょっとのフライトでハイデラバードへ。

ハイデラバードは人口700万ほどと、インドの人口6位の都市。空港から市街地まで1時間ほど結構離れている。ここも街中はクラクションけたたましく、インドの都市だ、という感じだ。ただ他の都市とは違い、ヒジャブやニカブをかぶった女性を多く見かけ、またムスリルの女性が家で着るのであろうゴージャスな服装の洋服屋も多く見かける。インドではムスリルの人口は13%ほどだが、ハイデラバードでは約半数がムスリルとだいぶ割合が多い。

晩飯はインドのみで販売されている、マハラジャバーガーを一度は食べてみたいとマクドナルドへ。インドのマクドナルドは、国民の大多数が食べない牛肉は取り扱っておらず、チキンのパテ、もしくは国民うち役3億人がベジタリアンのためベジバーガー系も多く取り扱っている。マハラジャバーガーもチキンかベジが選べるのだが、チキンを選択する。それとパニール(豆腐のようなチーズ)をフライで揚げたバーガーと、ベジバーガー(カレーコロッケのようなものが挟まっている)を食べる。

マハラジャバーガーはビックマックのパテがチキンになった感じで、ちょっと淡白ながら食が進む。パニールバーガは思った以上にスパイスが効いていてちょっと辛め。ベジバーガーはまんまコロッケバーガーという感じで食べやすく、また一緒に頼んだマックポテトは日本で食べるのと同じ味で、久しぶりに懐かしのジャンクフード感を味わった。

——

GoogleFiのプランを従量課金制からUnlimitedに切りかえる。従量課金制では6GB-15GBの最高額まで毎月使っていて(80$かかる)、Unlimited(70$)のほうが22GBまで使え、かついろいろなオプションが付いてくくるので切り替えた。行く予定の国で今の所使えないのがわかっているのはイランとキューバで、そのタイミングだとUnlimitedではちょっと損するけどね。

GoogleFi、国によってローミングキャリアの対応が悪いのか繋がらない場所が多い国もあったりするが、いちいちモバイルインターネット通信の確保に気をかけることがなく、かねがね良好だ。