A Day in the Life

🇮🇳アジャンター石窟群 / 世界一周103日目

朝、チャーターしたタクシーでデカン高原を走り、世界遺産のアジャンター石窟群へ。途中の道は絶賛制作中で、暫定的に作られた横の砂利道をひたすら走るため速度が出せず、またかなり揺れる。この辺ではツノに色を付けている牛を多く見かける。オレンジ、青、シマシマ等様々だ。

ゆっくりと走り続けること3時間半、やっとアジャンター石器群のパーキング入り口へ。そこからバスに乗り換え行くため、ホテルを出てから4時間かけて到着する。バス乗り場で待っていると、野良通訳ガイドの売り込みが。基本断ってもずっと売り込みを続ける。日本語で遺跡の説明をして、きちんとガイドができることをアピールしたり、仕事が無いと収入がなくて困ると泣き言を言ったりと、あの手この手で売り込み続ける。別の観光客が来ると器用にすぐターゲットを変えて売り込みに行ったりと、商根たくましい。そしてほとんどの外国人に声をかけていて、英語、ヒンディ語、日本語、フランス語、スペイン語と5カ国語でガイドができるそうで、余った時間では言語学習をしているそうで。昨日出会ったガイドも6カ国語が喋れるとのことで、みんな仕事を得るためのモチベーションとは言え、勉強熱心だ。

アジェンダー石窟群は岩山を掘って作られた仏教の石窟群で、千年間も発見されず、そのため仏教国から宗教が変わっていったインドでも破壊されずに残っていたという場所。たしかに岩山だらけの間の渓谷にあり、発見されなかったのもうなずける。

30窟ほどあり、中には古い仏教絵画から、仏像が無かった時代に祈っていた肋骨デザインの内部にある仏塔、またその後の仏像まで、様々な仏教美術を見ることができた。が、先日エローラにも行き、そこの1〜10窟でも似たようなものを見ていたためあまり真新しさは無かったのであった。ただつまらない、ということは無く、今までに見たことがなかったタイプの仏教美術・彫刻をいくつも見ることもでき、見れる全窟を4時間ほどかけて回った。

帰りもたっぷり4時間以上かけて帰る。1日8時間も車に揺られ、だいぶ疲れた日だった。

——

先日のエローラの写真がiPadでちゃんと見ると、やたら手ぶれが多いなぁと思っていたらレンズ側の物理スイッチで手振れ補正がオフになっていたことを今日気づく。意図せず切り替わってることがあるし気付きにくい(旅行で2回目)、三脚を使わない旅行なので本体側で強制オンできると良いのだけど。