A Day in the Life

🇴🇲マスカットのマトラの海辺を歩く・マトラフォート / 世界一周138日目

午前中は部屋でゆっくり過ごし、昼ごはんはホテル側の南インド料理屋へ。ゴビ・マンチュリアンがあったので迷わず頼む。チャパティも一緒に頼み、久しぶりの南インド料理で安心する味。インド人が首を左右に振るyesも懐かしい気分。インドでは注文時に辛さ控えめと毎度言っていたのだけど、中東に来てからアラブ人は暑い場所に住んでいるのに、唐辛子系の辛さがあまり得意でないのか、辛い料理がほとんどなく、普通に普通に注文たらしたら結構ピリ辛な味だった。美味しいけどお腹が心配だ。

その後はルイから海辺のマトラへバスで移動し海辺を歩く。目の前には海岸線が広がるのだが、すぐ街の裏は岩山がそびえ不思議な街並みだ。カモメも餌おじさん(パンくずなどをばら撒く現地のおじさんが沢山いる)の餌を狙って、やたらと海辺で泳いでいる。

海岸線を歩いて行くと、砦のようなものがあり、調べるとマトラフォートという砦らしい。登れるようなので裏手から登ると、マトラ地区全体が見渡せる。高台なので風も心地よく、砦に座って本を読みながら過ごす。大きなスークを冷やかした後、海辺で暗くなるのを待っていると、日の入りの時間か、モスクからアザーンの「アッラーアクバル〜」の声がしたのだけど、複数のモスクがあるからか、数箇所からいろいろな呼びかけが鳴り響く。どれも読み上げる表現が異なり、違いが面白い。

晩ご飯はベジタリアン料理屋に入ったのだけど、ここも南インド料理屋で、マサラドーサを頼む。マサラの中身はジャガイモとコーン、玉ねぎで程よい甘さで好みで美味しい。食後にチャイを頼むと、小さなデザートをつけてくれて嬉しいサービス。これで0.9OMR(250円ほど)でお安い。バーレーンでもオマーンでもインド料理屋はそこら中で見かけ(ドバイはビル立ち並ぶ場所に居たので行く機会がなかったけど、沢山あるはず)、どこも安くて美味しいので助かるなぁ。

そういえば今日はバレンタインデーだが、同じムスリルが多いインドネシアはバレンタイン反対運動が毎年起こっているのだけど、オマーンではバレンタイン的なものは地元の商業施設に行っても全く何もない感じだった。