A Day in the Life

🇸🇦🇧🇭サウジアラビアからバーレーンへバスで入国 / 世界一周123日目

午前中の10時前のバスで、サウジアラビアのAl Khobar から、橋を通ってすぐ隣の島国、バーレーン中心街のマナマへ。この橋は全長25kmあり、世界で十二番目に長い橋らしい。入国審査を含め、2時間弱ほどでマナマへ到着。

ホテル周辺をぐるっと歩くと、雑多な店が沢山あり、サウジアラビアと違って街歩きもしやすい。サウジアラビアはそもそも信号がない道が多く、道のあちら側に行くのも高速で飛ばしている車の車線を合計10車線分超えなくてはならない、みたいな場所があちらこちらにあって、高速道路横断みたいなことをしなくてはならず、車なしではどうしようも無いことが多かったのだが、マナマは高速車線も10分ぐらい歩けば信号があって安全にあちら側に渡れる嬉しさよ…。

夕方、海沿いの埋立地(たぶん)に行く。綺麗に整備された人工的な海沿いは綺麗で歩きやすいし、ショッピングモールのThe Avenuesも近代的なデザインのとても綺麗なモールだ。中にはアラビカコーヒーや無印良品といった日本の店舗も並んでいて(minisoもね!日本のブランドじゃないけど…)落ち着くなぁ。綺麗なモール、海岸沿いは少し離れるとあまり人がいない所など、ちょっと横浜のみなとみらいみたいだ。

——

普段どこかへ移動する時、大抵は誰かが書いた日本語の詳しい記事があるのだけど、流石にサウジアラビアは全然無いので、誰かの役に立つかもしれないのでメモ書きを。

ダンマーム(Dammam)地区からバーレーンまでは、SAPTCOのバスがでている。Dammam 地区からはいくつかのバス乗り場があるみたいなのだけど、今回使った乗り場はAl Khobar(アル・コバール)のSaptco Bus Station。予約は上記のウェブサイトでできるのだけど、VIP Busにチェックを入れて、fromをkhobar、toをmanamaにしないと該当チケットが無しになるので注意。1日に6本ぐらいバスは出ていて、料金は60RS(約1800円)だった。

バス乗り場に行くと、建物にSaptcoのオフィスがあるので、そこで購入したeチケットとパスポートを出すと、チケットと引き換えてくれる。なおバスの乗車率は20%ぐらいでガラガラだったので、当日直接行っても全然買えそうだけど、念のためネットで買っておいた方が良いだろう。

バスは時間通りに発車して、コバールの街中を走った後、橋に入りバーレーンへ。橋の真ん中にある小さな島までは30分ちょっとで到着し、イミグレーションで出国&バーレーンの入国審査。バス全員が降りるのですぐにわかる。なお、イミグレーションの場所にトイレもあるので安心だ。

バーレーン陸路入国は、アライバルビザが多分無いので、事前にウェブからe-VISAを取得し、印刷したものを渡して入国審査をしてもらい(一瞬で終わった)、パスポートにハンコを押してもらい入国手続きが完了する。この手続き(バス乗ってる人全員やるしね)にトータルで1時間弱ぐらいかかった。なお、バーレーンのe-VISAが申請から取得まで自分の場合は約一週間ほどかかったので、事前に早めに申請しておく必要がありそう。

再びバスに乗り、20分ほどでマナマの中心街近く(このへん)に到着する。トータルで約2時間弱、入国審査がなかったら、1時間弱ぐらいの道のりだ。到着するとタクシーの客引きが多いが、マナマ中心街までは歩いて10−15分ぐらいなので、ホテルが近い人は十分歩いて行ける場所にある。