A Day in the Life

シンガポールからマラッカへ / 世界一周6日目

朝、出立前にさくっと朝飯を、とフードコートに入ったがどこも現金のみで食べられず…。昨晩、持っていたSGDはすべてRMに変えてしまっていたのであった。フードコートを出てチェーン店カフェで食べようとするも、クレカNGだったのだけどGrabPayで支払うことができたので朝飯ロスを防ぐことができた。最後もカヤトーストをいただく。

9時過ぎのバスでマレーシアのマラッカへ。前回シンガポールからマレーシアへは、日帰りでジョホールに行っただけだったのだけど、その橋とは別の橋から国境越え。出国と入国にバスの全員が揃う必要があったのでたっぷり一時間はかかかった。その後、ずっと同じような森林の中の高速を走りつつ、マラッカに着いたのは15時で約五時間のバスの旅だった。ただ、途中イミグレーションと、高速パーキングで一度バスを出たため、窮屈感はあまりなく、またバスも3列シートだったので、バス内にトイレがないことを除けば快適だった。

昼間のマラッカは32℃ぐらいで日差しも強く、とても暑い。宿に荷を下ろすと、リトルインディア付近のインド料理屋で遅い昼食を食べる。メニューがどんな食べ物なのかわからなかったが、店員がコレはあの人が食べているものだよ、等々身振り手振りで教えてくれて助かった。

その後、街中を散策しながら、海沿いのMasjid Selat Melakaモスクへ。途中、2015-2032年にかけ都市開発をしているという看板がある地域を通ったのだけど、ほぼ人が住んでいないゴーストタウン(建築している作業員たちはいる)は興味深い風景だった。また、今までに見たことのない建築デザインのビル、なども興味深かった。モスクに到着したときには夕暮れで、沈みゆく太陽とモスクがとても良い眺めで、ボーッと贅沢な時間を過ごした。

夜は、土日にチャイナタウンで開催されている夜市に行く。台湾の夜市とは似ているようでちょっと活気のベクトルが異なっていたけど、みんなワイワイ楽しそうだ。

——