A Day in the Life

2019/07/21

用事で両親が来たので、昼は東京駅の大丸へ。

その後旅行用品を、大丸の石井スポーツや東急ハンズで見た後に、京橋のモンベルへ。最近、旅行系グッズを見るのが趣味の一つになりつつある。そのドメインの知識がたまると、どういうところを工夫している商品なのか分かるようになるため、考え選択することが、どんどん面白くなる。旅行グッズは便利さはもとより、重さもとても重要な指標で、モンベルはすべての商品をWebサイトにて重さを公開している所がとても便利。

その後は、有楽町ビッグカメラにて、マイクロフォーサーズ系のレンズをあれこれ見る。いまメインで使ってるのはオリンパスの12-100mm F4(換算24-200mm)なのだけど、最近出た12-200mm F3.5-F6.3 (換算24-400mm)のレンズが、画質や明るさと言った点では12-100mmよりは良くなくレンズ内手ぶれ補正も無いのだけど、許容できるレベルの画質、かつ何よりレンズが軽い(12100は561gぐらい、12200は455g)ことはマイクロフォーサーズシステムにおいて正義、というわけで気になっている。100mm地点での最短撮影距離も、12100も12200もほぼ変わらず。

この夏出る予定である、E-M5 mark IIIのキットレンズになって、フルサイズに比べ、軽い(超便利レンズ込みでで1kg未満)、安い、超便利レンズ、防塵防滴、ボディ内手ぶれ5段でそれなりにぶれない、画質はそこそこ!みたいな売り出し方で、フルサイズ全盛の今、一石を投じる事になるのだろう。予想だけど。

その後は国際フォーラムでちょっと写真撮ったのち、選挙に間に合うぐらいの時間に帰宅。20代はほぼ全く選挙に行かず、というかどの政党に投票すべきかの指針など全くわかってなかったのだけど、30代になって、自分が考える社会のあり方、などが徐々に見えてくると、普通に選挙に行こう、という感じになったのだけど、若い時に興味を持つことは難しいよなぁ、とか思ったりした。