A Day in the Life

🇸🇦風邪薬を買う / 世界一周119日目

風邪が治らず徐々に喉が痛くなってきた。といってもとりわけ酷いわけでもないのだけど、がっつりと観光に行くぞー、という元気はなく今日も大体を部屋で過ごす。勿体ないけど体調優先だ。

昼間はスケジュール立てや各種予約などをする。次は電車で一本のダンマーンへ行く予定なのだけど、チケット購入ができる鉄道会社のサイト www.saudirailways.org が繋がらず、TripAdvisor でも繋がらない、というコメントがあり、ずっとサイト落ちてるのかなー、結構離れた駅に買いに行くのは面倒だな、と思っていたらホテルからだとすんなり繋がる。GoogleFiの回線や、インドや日本からのネットワークだと見れなかったので、どうやらサウジアラビア国外からのアクセスを弾いてる模様、なんと…。というわけで無事Webから予約することができたのであった。なお、サウジアラビアのインターネット回線はそれなりに制限しているようで、例えばアダルトサイトの類は基本つながらない。

夕方体調が良くなってきたので、薬も持参の風邪薬がほぼ無くなったため、薬を買うついでに散歩。薬局で喉の風邪薬を頼むと、dry or wet と聞かれよく分からなかったのでとっさにwetと答えてしまった。後で調べると、wetは痰が絡む咳用らしく、選択を間違ったが仕方なし。シロップ状の薬で約40SRだった。

ぶらぶらとスーパーなどを冷やかして見ると、大体の値段は日本と変わらないようだ。昼ごはんを食べてないため、早めの夕食をとマクドナルドのsingleの入り口から入店する。こちらの大抵の飲食店は入り口がsingleとfamilyに分かれていて、singleの方は男のみ。女性は一人で飲食店に入ることはNGなようで、家族(もしくは友達?)と一緒にfamilyのほうに入り、男女別々のところで食べるのだ。ハンバーガーはRoyalバーガーというのがあったのでそれを食べる。ビックマックと値段がほぼ一緒だったので、ちょっと良い肉を使ったハンバーガーのようだ。久しぶりの牛肉ハンバーガーの味、ベトナム以来かな、懐かしい味わい。

食べ終わりホテルへの帰路、ちょうど日の入の礼拝(サラート)のタイミング。するとどの店も灯りを消したり、ブラインドやシャッターを下ろし一時閉店となった。買い物中のお客は場所によっては買い物カートを持って外に出たり、真っ暗な店内に居たりと不思議な光景。カフェは、真っ暗で鍵が閉まった店内で、そのままコーヒーを飲み続けている人たちも多くいる。全ての店舗が閉まるわけではなく、ざっくり8−9割の店が閉っていたようだ。マクドナルドは開いたままだけど、スターバックスは閉まっていたりするので、会社方針なのか店舗オーナーの方針なのか。

サラートはモスクに行く人(そこら中にモスクがある)もいれば、道端の歩道で祈る人もいる。そして歩道には、サラート用に座って祈るため、なんと絨毯の収納機器(トイレットペーパーのようにクルクルと引き出せる)が設置してある場所がいくつかあって、サラートのタイミングで絨毯を開いて祈るのであった。