A Day in the Life

🇸🇦キングダムセンターの展望台 / 世界一周118日目

朝起きると、軽い風邪っぽい症状。数日経つけど完治しないなぁ。朝食は豪華なビュッフェ、今回の旅行の中では一番豪華かもしれない。リヤドの宿は勝手がわからず、Booking.comで探したとき安宿は軒並み点数7以下と酷いレビューだったので、一泊約1万円のホテル(Booking.comではそれでも評価7.8)を予約してみたのだけど、東京都内だと2万円ぐらい(良いシティホテルよりはちょっと劣るぐらい)のホテルレベルで、これならもっと安価なホテルでも全然問題なく泊まれそう。サウジアラビア人はレビューが厳しいのかもしれない。

日中、ちょっと外に出ると風があるためか砂埃が少々飛んでいて、砂漠の気配を感じる。そのため、この辺の車はほぼどの車も砂で汚れている。少し散歩すると体調が悪くなってしまい、ホテルに戻り風邪薬を飲んで寝る。

夕方、風邪薬が聞いてきたからか問題ない体調になったので、リヤドで一番高いキングダムセンタービルの展望台に行く。約300mの高さから見るリヤドの街並みは、綺麗な直線で作られており、シムシティのような作りだ。高い建物は幹線道路沿いにのみ建っていて、他は2−3階建ての低層の建物が広がっている。展望台にいる人は半分ぐらいが外国人で、春節が始まったからか中国人も何組か見かけた。

キングダムセンターはショッピングモールも擁していて、ぐるっとみて回ったのだけど、女性向けの洋服店がどのブランドも黒基調のデザインの服がほとんどだったのが興味深い。ニカブで全身を覆って買い物をしている女性も多かった。

地下には安価なフードコートがあり、外資系の食べ物、マック、サブウェイ、バーガーキング、KFC等々から20件以上が集まっていた。インドと違い、サウジアラビアは牛肉を普通に食べるからか、ハンバーガー屋も多く見かける。折角なので見かけない食べ物をと、ケバブのような食べ物のチェーン店で注文する。サウジアラビアは非接触型のクレジットカード決済をほとんどの店で使うことができるみたいで(地元コンビニみたいなところでも使えた)、スマフォタッチ(Pixel + GooglePay)で支払いが完結するのは楽だなぁ。

注文してから自分の番まで待っている客はいないけど、だいぶ作るのに時間がかかると思ったら、次々とUberEatsの配達員が来て受け取って行った。なるほど先に配送用の注文を作っていたのか。女性は家では伸び伸びとできるはずなので、家で食べられるUberEatsのサービスはウケが良さそうだ。

モールのトイレに入ると、男性用のトイレなのに全てが個室。そういえば今まで立ち寄ったトイレもどこもかしこも男性用なのに個室しかなく、サウジアラビアでは男性も人の目線と完全に遮断される個室が一般的なのかも。