A Day in the Life

この世にたやすい仕事はない・シジュウカラの置物 / 2022年4月8日

この世にたやすい仕事はないを読む。仕事に燃え尽きて退職し、コラーゲンの抽出を見守るような仕事がしたいと言う主人公に「そんな仕事がありますよ」と斡旋され、カメラ経由で小説家をずっと見続ける仕事、おかきの袋の後ろの一言を書く仕事、ポスター貼りの仕事、などなど5つの仕事をしていくお話。読み始めたら止まらなくて一気に読んでしまった。

作者の津村記久子氏は芥川賞作家、というよりは竹宮ゆゆこ氏が大好きな作者(2人の対談)という認識をしていて、いつか著作を読んでみたいと思っていたのであった。話の流れや言い回しがゆゆこ氏に通ずる物があり軽快。


先日の工芸館でお土産に買った、3-4cmと小さな手作りシジュウカラの置物。同じ作者が那須に生息する15の生き物シリーズというのをやっていてそのうちの一つ、15個集めたいぞ。シジュウカラはスズメより一回り小さく小柄で色も良くかわいい、我が家にもよく遊びにくる。


腕痛9日目。以前は寝る時痛くてロキソニン必須だったのだけど、昨晩からはロキソニン抜きでも大丈夫なぐらいに回復した。徐々に日々良くなっていく実感があって安心する。

撮影機材E-M1 Mark III/OLYMPUS M.60mm F2.8 Macro

同じ日付の日記

2021年4月8日
外でフリスビーをしたが、風が吹くとフリスビーをうまく飛ばせず残念。良い天気だったけど、風がちょっと寒い。朝食は昨日買ったロシアの黒パンのサーモンチーズ。素朴な味わいの黒パンはライ麦で作ってるのか。夜はM氏、I氏とみんなで顔を合わせるのは4-5年ぶりのビデオチャット。昔話も弾み、す...
外でフリスビーをしたが、風が吹くとフリスビーをうまく飛ばせず残念。良い天気だったけど、風がちょっと寒い。朝食は昨日買ったロシアの黒パンのサー...
世界貿易センタービルに行った
「小学生のころ、オヤジが田舎からこの展望台つれてってくれて、いやー東京はすごいね、って思ったもんだったよ」と、ビルの前で50歳ぐらいの方が話していた。一時期は日本で一番高いビルだったんだね。2021年には解体され、一つの時代が終わってしまう。
「小学生のころ、オヤジが田舎からこの展望台つれてってくれて、いやー東京はすごいね、って思ったもんだったよ」と、ビルの前で50歳ぐらいの方が話...
iPhone SE + huji で写真を撮った
ふと持ち出した iPhone SE, SIM カード入れ忘れてインターネット繋がらないフォンだったため、huji APP でスタンドアローンカメラとしての記録写真。普段はスマフォで写真撮るとインスタストーリーに上げがちなんだけど、インターネッツに繋がらないので、気軽に撮れて楽しい...
ふと持ち出した iPhone SE, SIM カード入れ忘れてインターネット繋がらないフォンだったため、huji APP でスタンドアローン...