A Day in the Life

2021年1月29日

夕方から夜。


コーヒー豆を挽くために、みるっこDXを使っている。機能的には豆を挽く速度も速いし、良い感じに挽けるため全く不満はないのだけど、冬になると静電気がひどい。標準のプラスチックの豆受けでやたらら発生するし、標準の豆受けは蓋をとる必要もあって、冬場はやたらと手間がかかる。

ので、最近は大きいアルミのマグカップを豆受けにして使っていて、静電気は発生するも、標準のプラスチックのものよりは発生せずにそこそこ満足していたのだけど、毎度マグカップを洗う必要が出てくるし、そもそもマグカップが洗ったばかりなどで湿っていると使えない。

そのため、Amazon でステンレスの豆受けを買ってみた。標準のプラスチック豆受けよりは便利に使えるものの、結局静電気はそれなりに発生するし、マグカップより小さいため内部で巻き上がった粉はそこそこ飛ぶしで、アルミのマグカップのほうが高性能だった。あまりオススメはしない。

世の中にはみるっこを改造してアースを付けて対策している人も居るほどで(すごい)、もうちょっと静電気はどうにかならんのかなぁ、と冬が来るたびに思う。

撮影機材α7C/E-M1 Mark III/MS-Optics ISM 50mm F1.0 GA/OLYMPUS M.25mm F1.8

関連するかもエントリー

E-M1シリーズ用の大型アイカップ、EP-13を買った
旅行中に標準のアイカップのゴム部が外れて、付け直しながら使っていたのだけど、ちょくちょくゴムがずれるようになってしまった。接着剤でつければ直りそうだけど、ちょうど評判が良い大型アイカップがあることを知って付けてみた。というかアイカップって別のサイズに交換できることを知らなかった…...
旅行中に標準のアイカップのゴム部が外れて、付け直しながら使っていたのだけど、ちょくちょくゴムがずれるようになってしまった。接着剤でつければ直...
バルミューダ用の5cc計量カップを3Dプリンタで作る
バルミューダのトースター、スチーム用に5ccのコップデザインの付属の計量カップを使んだけど、この計量カップは一般には市販されて無くて、かつ小さいのでうっかり無くしそうなので、作って印刷してみた。Fusion 360 でモデリングして印刷。5cc はざっくりと計れれば良いので、計量...
バルミューダのトースター、スチーム用に5ccのコップデザインの付属の計量カップを使んだけど、この計量カップは一般には市販されて無くて、かつ小...