A Day in the Life

家のルータを Wi-Fi 6 (IEEE 802.11ax) 対応に

自宅のインターネット環境が速くて、WiFi が速度のボトルネックになっていたので、デュアルバンドWi-Fi 6 対応のルータ、ASUS TUF-AX3000 を買った。

Wi-Fi 6対応ルータも安くなってて、ASUSのRT-AX56Uは1万円強ぐらいで買えるようなのだけど、世の中的に在庫がない or あっても高いので、上位モデルを検討して、TUF-AX3000 にした。ほぼ同じハードウェアの RT-AX3000 のほうがデザインがシンプルでよいのだけど、RT-AX3000は接続台数が21台で埋まりそうな感じもするので、最大80台つなげるTUF-AX3000にした。

ゲーミングデザイン…。

デスクトップPCも同時に PCIe のカードを変え Intel の AX200 チップ(単品だと2000円ぐらいなのね、お安い)の物にして、スピードテストをしたら、300Mbps → 600Mbps ほどになって精神衛生上良い。ただそんなに速度が出るサイトは限られているので、何時でも二倍速!というわけではもちろん無い。

あと今までのルータはいまいち安定しなくて、時々無線が切れたり、ルータを手動再起動しないと安定しなくなったりしてたので、自宅で仕事してるとちょっとしたストレスになっていたので、そのへんが解消すると良いな。

iPhone も 11 から、Android では Snapdragon のミッドレンジチップも Wi-Fi 6 対応し始めたし、ルータも安くなってきたので、そろそろ世の中的に広がりそうな感はある。