A Day in the Life

2010-02-13

初めての Android アプリ

というわけで初めてAndroid アプリを作ってみたりしました。 フォトライフのはち/ょ/よ/ん/ごがほぼ全部実装していたのを横目で見ていただけなので、実際にちゃんとコード書くのは初めて。というか Java も初めて。

美声時計ビュアーというのは、初めてのアプリとしてはちょうどいい感じの規模感で

  • 画像のロード・表示
    • SD へのファイルアクセス
  • タイマー処理(時計だし)
  • メニュー
  • 簡易設定
  • 音声再生

のような特に難しくない、基本的な実装で作れちゃうので挫折しなくて良かった。複雑な Activity/View とサービスによるバックグラウンド実行の維持、スレッド使いまくり、のようなアプリを最初から作ろうと思うと挫折してしまいそう…。

で本業後のあまった時間*三日間で Android アプリ初でも作れちゃう Android の開発環境の良さ、ドキュメントの良さはすごいナーと思いました。

まず言語が Java というのが良くって、Java を全く書いたことがない自分でもふつうにプログラマやってれば Java 読めるし、難しいことしなければただの OOP なのですんなり書ける感じ。Android 開発におけるリソースを利用した文字列・配列・UI 定義もすごい分かり易い。で、それらを簡単に使える Eclipse + AndroidSDK の IDE もとても良くできてる。あと Eclim で vim からコードが書けて各種補完が使えるのがとても快適でした。

また書籍としてはコードからわかるAndroidプログラミングのしくみが、ずば抜けて分かり易かったので最初にこれを読むべきだと思いました。なんで Android のアプリが動くのかがちゃんと解って、これ一冊 + あとは Web 上のリファレンス + ぐぐるさんで困らない感じ。

コードからわかるANDROIDプログラミングのしくみ

コードからわかるANDROIDプログラミングのしくみ

  • 作者: フランク・アブルソン,チャーリー・コリンズ,ロビ・セン,安生真,土肥拓生,谷沢智史
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2010/01/14
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 218回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る

というわけで実際にやってみたら簡単にアプリが作れたので、みんなももっとアプリ作ればいいと思いました。まる。

Android で動く美声時計ビュアー

Desire for wealth : Mac/Windows で動く美声時計ビューアを作りました で、すばらしいなーと思ったので Android 版ビュアーを作ってみました。Yet Another 美声時計。動作にはもちろん AppStore で購入した美声時計が必要です。

あたりからapk入れて、SDカードのルートに bisei-tokei という名前のフォルダに、だめんちゅんにっきさんで書かれているような感じで配置すれば動くと思います。この説明でなんだか解らない人は使わない方がいいです。

次はアイム版もいいですが僕としてはミュージックレイン版を希望します!