A Day in the Life

2007年07月14日

ニューオリンズ十二日目
土曜日。曜日の感覚がよくわからなくなる。
朝、久しぶりに疲れが出てきたのか11時頃まで寝ていた。遅いブランチはどうしよう、とりあえず散策がてらフレンチクオーターへ、と外に出るとやたらと強い風。空模様も暗い曇り空。ちょっと歩いたところで、これはすぐ土砂降りになりそうだな、と帰宅。案の定、その後強い雨が。
というわけで、初めていま滞在してるホテルのレストランで食事。ビーフストロなんとか、という料理があったので頼んでみる。出てきたのが想像通りのアメリカンな感じで良かった。もぐもぐ。
夕方、というか19:00すぎ(でもサマータイムなのでまだ十分明るい)に晩ご飯どうしようか、軽くでいいやと近くのスタバに。あれ、もう閉まってる…。もう一軒べつのスタバに。おお開いてる、と入ろうとした瞬間に closed の札が。ガーン。
悲しくなったので、そのままバーボンストリートへ。休日のバーボンストリートはより騒がしくて楽しい。日本人の美的感覚だとありえないような客引きの着ぐるみがたくさんいた。
昼間土砂降りだったせいか、夜は結構涼しめ。プリザベーションホールでジャズ聴くかーと行ってみたら、建物の外まで人であふれかえっている。こないだは椅子も空いているぐらいすいていたのに!ちょっと入れなさそうなので、近くをぶらぶら。gryo というケバブのようなものを売っていた店があったのでそこで買って食べる。愛想の良いおっちゃんだった。うまーい。新宿とかでクルマで売っているケバブより断然うまい。
その後はどこかお店に入って聴こうか、と思うもだいたい店の外で立ち聞きしながらいろいろ観察。まだまだ外国の新鮮さはいくらでもあって、行き交う人々、店の喧噪、町の雰囲気をぼーと観察してるだけでも十分楽しめた。

f:id:dfn:20070715144720j:image
アメリカーン

f:id:dfn:20070715232056j:image
今夜のバーボンストリート