A Day in the Life

十二日目

ニューオリンズ十一日目
朝食は昨日と同じで PJ'S カフェに。ちょっと遅めに行ったらできたてのブルーベリーマフィンがあったのでそれとアイスコーヒーを。でこのブルーベリーマフィンが感動的なうまさで。できたて熱々、外側はさくっと、中はふんわり。うめー。アメリカで今まで食べた食べ物で間違いなく一番うまい。というか日本のパンでも、有名なメロンパン屋の作りたてメロンパンに匹敵するうまさ。ああ感激。朝から幸せなひととき。
夕方、来週頭の二日間だけ止まるホテルを探しにフレンチクオーターへ。フレンチクオーターのホテルにも泊まってみたい!で、目星をつけて置いたジャクソン広場から約1ブロックのホテルで予約。最初税抜き58$の部屋でいいですか、と云われたので、その部屋窓ある?って訊いたらノー。こっちは窓あるかどうか訊ねないと危険、ということが最初のホテルで解った。ので、窓ある部屋にして、と云ったらそっちの部屋は69$なそうな。まぁそんなもんでしょーと予約。オフシーズンは安くて良いなぁ。これがシーズンだと普通に倍ぐらいする。
夕飯はガンホな店で。creoleプレートいうやつを頼んでみた。赤いスープと味のついたライスののったプレートが。プチトマトみたいなのものってたので、最初にパクリ。辛ぇーこれプチトマトじゃなくて唐辛子!?プチトマトぽい食感だけど辛いし種もそこそこ大きいヨ。スープもそれなりに辛くて、ホットな夕飯だった。
ニューオリンズ話。こっちの男性用トイレには結構氷がまいてあって。なんでこんな氷を入れてんだろうと思ったら、なんかめっちゃ氷つかってるのね。コップ冷やすのも冷蔵庫じゃなくて氷でうめたり、いろんなところで氷を。で、いらなくなったり使えなくなった氷はトイレへ。バーカウンタとかじゃ溶かすスペースないし、道にすててもそれはそれでじゃまだろうし。トイレに捨てるのは少しでも涼しくするためなのだろうか。
あとトイレついでに、フレンチクオーターはよく馬糞が落ちている。というのも、観光用の馬車が走っていたり(一応おしりにフン入れバックがついている)、夜は騎馬警官がパトロールしてるので。で、下を見ないで歩いてるとうっかり踏みそうになる。どれこもれもパサパサだから踏んでもそんなに悲惨なことにはならなそうだけど。なのでちょっとクサイ時があったりもする。
f:id:dfn:20070714194008j:image
バーボン通りで客引きしてたパイナップル君。暑そう。