A Day in the Life

2007年07月24日

ワシントンDC 二日目 火曜日
朝、外に行こうとするとハウスキーパーの人に会う。そういえばシャンプーが無かったのでよろしく、とつげると「フロントに頼んで、シャンプー無いのよ」みたいなことを云われる。えええ。でも夕方部屋に戻ったらシャンプー用意されていたよ。ありがとう。しかしこのシャンプーは液体なんだけど粉っぽい。色も青い。透明な青、じゃなくて青。いかにも体に悪そうなシャンプーだった。
今日も歩く。歩く。歩く。のどが渇いたら水やスプライトを買って、お腹が減ったら適当に食べて歩く。で解ったことだけど、まず車の売店で売っている水やホットドックの値段が地域によって違う。1ブロック隣になると+-$1になったりする。安いところでは水や炭酸が税込み$1.25で高いところだと$3とか。値段をきっちり見ないで買わないと後悔。しかし飲みたい欲求に駆られるときは、だいたい高い。高いので次の安いところで、でも次の店が見つからない。のどは渇く。欲しいときが買い時だ。
とある庭園のベンチで休んでいたら、上から木の実の殻が降ってきた。ボロボロ。結構たくさん、定期的に降ってくる。なんだろう、と見上げるとリスが次々と木の実をかじってる。すげー。こんなシチュエーション滅多になさそう!なので移動せずに木の実に降られみる。背中にちょっと殻が入ったりした。
そんなんで今日も歩いてたんだけど、ふと午後トイレにと入った博物館(ワシントンDCは世界で一番博物館や美術館が集中している場所らしい。そんじゅそこらが博物館だ)が無料だった。なんとこの辺のエリアのほとんどの博物館が無料だとか。なんだってー。今までよってきた街だとたいがい$10〜20はしたので、それぐらいするのかと思ってたら。すごいなぁ。そんなんで、興味のあるところにはちょっと入ってみたりもした。古い建物が多いので、中の部屋自体も興味深い。
どんどん時間が過ぎていき、今日も一日歩き回っていたら終わってしまった。人生でこんな一目惚れな街はもうないかもな、もっと見て回りたい。ということで滞在を延ばせるかどうか、調べてみる。するとアムトラックの予約は今ならまだタダでキャンセルできるし、次の街のホテルの予約もしていないから問題ない。ので次の街の滞在をちょっと短くして、ワシントンDCの滞在を延ばした。ホテルも予約を延ばしてもらった。
夜はまたワシントンモニュメント、リンカーン記念堂まわりを散歩したり、座って考え込んだり。なんだかんだで夜の散歩も2,3時間が過ぎる。ホテルへと一人で歩いて帰る途中、バスから手を振られた。ここは22:00すぎでもそれなりの観光バスが街を巡っているのだ。にこやかに手を振り返す。喜んでくれた。その後そのバスが信号待ちをしてるのに追いついたら、また手を振られた。ので手を振り返す。すると周りが次々と手を振ってくる!にこやかに振り返す俺。総勢10人弱に手を振られてなにやら有名人な気分を味わった。すごいぜアメリカ。