A Day in the Life

2007年07月23日

ワシントンDC 月曜日
今日は一日中歩く予定。朝、エレベータを下りようとすると、途中の止まった階でエレベータのドアが開かないトラブルが!!!一緒のに乗っていたハウスキーパーの人が思いっきりドアを力ずくでこじ開けようとしてる。そんな開け方でいいのかよ!10秒ぐらいこじ開けていたら、開かずにエレベータが動き出した。何事もなかったようなハウスキーパーの人。よくあることなのだろうか、というかこのエレベータ超怖いんですけど。うう。えいごわからないので訊ねられない。usual? happen? そんなことを考えているうちに去っていくハウスキーパーの人。
まずはユニオン駅へ。近くの地下鉄駅から行ってみる。駅ごとへの運賃が細かく決まっていて、その値段の切符を買うと。別に運賃以上の切符買っても、運賃が切符からマイナスされてまだ使えるみたいなシステム。$5 で $1.35 な切符を買ったら全部25c以下の硬貨でおつりが…。財布が重くなった。また線はred line とか yellow line とかワシントンDCの路線は全部メジャーな色で色分けされていて、それに乗ればOKと。わかりやすい。ちなみにストリート名も南から A Street, B Street, 中心から 1st Street, 2nd Street とわかりやすい命名だ。
さてユニオン駅。最初は駅内を見てなかったので駅に入ってみると、思った以上に広かった。無駄にでかい、さすがアメリカ。フードコーナーで腹ごしらえ。
それからは地図を見ながら歩いて歩いて歩いて歩いて歩いて歩いて。かなり歩いた。写真も一杯撮った。自然も多くて、景観も良くて。ああもうなんなんだよ。リスはそこら辺にいる。ちょっと広い公園で木の実がありそうなところなら必ずと行って良いほど居る。特にユニオン駅前は百匹以上居るんじゃないだろうか、というほど走り回ってる。すごいぜ。ゴミ箱をあさっているリスも居た…。東京のカラス問題みたいになったりするのかなぁ。。
夕方、リンカーンの像がある建物(正式名称もわからない!)ところで、東洋人に話しかけられる。韓国人で、友達と来ていて、日本には二回行ったことがある、大阪や関西、台北に住んでるんだ、日本はクリーンな街だね、ここので僕らに似てる人たちは中国人ばっかりだね、とかそんな話を。スムーズに会話が進んで、俺の英語力も上達したなぁ、とちょっと思ったけどいやまて違うぞ。彼の発音が思いっきり自分と同じローマ字で英語読みました的棒読みな発音なんだ。聞き取りやすい。単語や文法も基本的な物ばっかりだからほぼすべて解る。解らない言い回しも一切無い。つまり、俺とそんなに変わらないレベル。どの国行っても英語ならたいてい通じるというのが解った気がした。英語下手なら下手同士でちゃんとコミュニケーション出来るじゃないか。
夜、ワシントンDCの夜景が良い、ということを聞いたでワシントンモニュメント方面へ。アメリカの夜は一部以外出歩いたら危険、というイメージしかなかったので夜、外に出ようとは思っても無かったのだけど、どうやらこの辺は安全らしい。ホテルからワシントンモニュメントまで徒歩15分ぐらい。20:00 前だけどまだまだ明るい。途中で小腹が空いたのでホットドックを車売店で買う。$2、安い。と思ったらパンにソーセージが挟んであるだけのが出てきた。ケチャップもない、と思ったらそうじゃなく、自分でトッピングしてね、と。車の脇に蓋付きの容器が。この中に刻んだタマネギやチリソース、ピクルス、ケチャップやマスタードが。なるほど、客の要望聞くよりはセルフでやってもらった方が、客は好きな味付けできるし、盛りつけのコストもかからないし良いよね。
ワシントンモニュメントについたころはやわらかい夕暮れ。日が落ちるのを眺めながらすごす。日が落ちるのを見続けるなんて何年ぶり、いや何十年ぶりなんだろうか。
日が落ちてから、リンカーン記念堂まで行って。リンカーン記念堂は夜も昼間並の人。そこでも座っていろいろ考え込む。またワシントンモニュメントまで歩いて戻る。ちなみにこの二つの間だけでも1km弱ぐらいはある、と思う。日が完全に落ちたワシントンモニュメントを仰向けになって見る。この石塔は1830何年だかに作り出したらしい。割と最近の建築物かと思ってたら違うらしい。昔の人もすごいなぁ。いろいろぼんやり考えてたら22:00すぎになっていた。歩いて帰る。ちょっと人通りが少ないけど、周りの雰囲気は安全そうだった。
写真は撮りすぎたので一部だけ…。と思ったらアップロードできなかった。また後で。