A Day in the Life

2007年07月21日

アトランタ三日目 土曜日
朝はまたホテルの朝食をおいしくいただく。昼前にチェックアウト。さてアムトラックの出発は20時半ごろ、それまでどうしてよう。バックパックをしょっての移動は結構つらい。まずはピーチツリーセンターをぐるぐる。すぐ見飽きる。そりゃほとんどフードカウンターしかないからなぁ。じゃあアムトラック駅にバスが出てる N5 駅でも行ってみるか。
N5 駅へと向かう途中駅で、電車が停車位置を間違えたのか、一度停車後再度進む。適当だなぁ。止まる。まだドア開かない。また進む。二回目も間違ったのか!みたいな感じで、アメリカの列車は適当、というイメージが定着する。
N5 駅周辺には美術館や、音楽ホールがあったり。庭や建物が広い!人はあまりいないのにね。アトランタは都会だけど、池袋や渋谷の1/50ぐらいの人口密度だよ。もっと少ないかも。人混みが少ないのは良いけどちょっと寂しいね。そんなんで美術館には入らなかった(入場料$15!)けどぐるっと見て回ってきた。バス停も調べた。
次に N7 駅に行ってみる。バングヘッド?とか呼ばれる地域で、高級住宅街や大きいショッピングモールがあるらしい。ついてみたら郊外なのに割とビルだらけだ。高級住宅街っていうから一軒家が並んでる、というわけではなく、分譲マンションのことみたいだ。目当てのモールの一個目は駅から出て目の前。やったら広いね。とりあえずぐるっと一週見て回るだけで一時間ぐらいかかった。バックパックしょってなので重い。ちょっと休憩。
近くに別のモールもあるというので行ってみる。15分ぐらい歩くとまたモールらしき建物が。入ってみるとやたらけばけばしいゴージャス。シャネルとかロレックスとかその他有名ブランドばっかで構成されている。俺のいる場所じゃないね、とそそくさ退散。まだ時間があったので、治安も良さそうだしそこら辺を散歩。知らない道を歩くのは(治安が良ければ)楽しい。
最初のモールに戻って夕ご飯。また中華チェーン。なんだかんだで平均して外れがないと思う中華チェーン。そこでレジの中国人のおばさんに話しかけられる。日本から来たんだよ。俺も英語ほとんど喋れないよ。箸つかいなって?ありがとう。と割り箸をもらう。今回のアメリカで初箸!久しぶりだなぁ箸。やっぱりフォークより断然食べやすい。周りみんなフォークだし、得意げになって食べてると、前に座った黒人のニーチャンも割り箸で食べ始めた。しかも使い方が俺よりうまい。知ってる人は知ってると思うけど、俺の箸の持ち方はちょっと変なんです。負けた気分。そのうえ、プラスチックの店の皿じゃなくマイ皿を持ってきていて、地球環境向上に貢献してそうだった。カッコイイ。
そんなかんなで 18:00 ごろになったので N5 駅へ移動。ちょうど乗ろうと思っていたバスが来ていたので、運転手にアムトラック駅に止まるかい?止まったら呼んでくださいね、と念入りに確認。乗り過ごしコワイヨー。18:20 ごろ無事アムトラック駅に到着。クレジットカードでチケット発行が出来る機械を使ってチケットを…、って "out of service" の文字。アメリカ来て、いろいろなところで何度も見たよ。ATM や自販機などなど…。仕方ないので列に並んでチケットを受け取る。さほど時間かからずにチケットをもらう。でも電車来るまであと二時間もあるよ、どうしよう。そんなときは散策だ。駅の周りを見渡す。めぼしい建物はほとんどない。というか駅小さいよ。実家の駅と比べても1/3ぐらいの大きさだよ。これでも元鉄道交通の要、アトランタの駅なのかよ。
とつぶやいていても始まらないので駅前に唯一ある建物に。よく見ると Book & coffee とか書いてある。入ってみたところ、どうやら立ち読みし放題、本屋内のカフェに本を持ち込んで読んだりもできるみたい。本棚周辺にも椅子が置いてあって、みんな結構座って読んでる。へーいい時間つぶしになりそう、と本を手にとってカフェに。でも英語なので読めないので、読んでるふり。周りを見渡すと、結構学生さんっぽい人たちが本を片手にレポートのような物を書いている。近くに学校でもあるのだろうか。
電車出発の30分前になったので再び駅に。結構混んできたなぁ。電車出発の10分前。まだ来ない。そこでアナウンス"21:20の出発となります"とかなんとか。やっぱ遅れてるんだな。駅の中庭のようなところで、日が落ちていくのを眺める。みんな本を読んだり喋ったりしてる。あまり一人旅の人は居ないようだ。途中、おじさんが「一時間遅れてるってよ。俺は毎月ニューヨークにアムトラックで行くけど毎回毎回遅れるんだぜ」みたいなことを話しかけてきた。適当に相づちを打つ。あー英語が喋れたらもっと会話を続けられるのに。他にも子供がやってきておぶっておぶって、とするのでおぶったり。
そんなことをしながら列車が来るのを待つ。時間通り遅れて21:20に列車がやってきた。しかし出発じゃなくて21:20到着だなぁこれじゃ。降りた人が階段を上ってくる。でも boarding のゲートは閉まったままだ。アナウンス「五分待ってね」まだ開かない。「あと十分待ってね」まだ伸びるのか!で、15分はたっぷり待った後搭乗。今度は空いてる席に適当に座るんじゃなくて、添乗員が「何人?」と聞いて座る場所を指示していく。窓際の席に座って、22:00ごろ出発。結局1:40出発の時間は遅れた。隣はガタイが結構良いダディが座った。
席に座ってしばらくすると消灯。でもイヤフォンの音漏れや、子供のはしゃぐ音が騒がしい。カーテン閉めない人も結構居て、外の明かりも時々まぶしい。来る途中の飛行機内でアイマスクを無くしてしまったのが痛いなぁ。アイマスク効果は高い。はてして寝れるのだろうか。

f:id:dfn:20070722124741j:image
滞在してたホテール

f:id:dfn:20070722130806j:image
結構急なエスカレータ

f:id:dfn:20070722131001j:image
駅の空調は扇風機で!

f:id:dfn:20070722133048j:image
f:id:dfn:20070722133343j:image
f:id:dfn:20070722133504j:image
N5 駅周辺の美術館だとか

f:id:dfn:20070722140140j:image
モール

f:id:dfn:20070722140440j:image
モール内部。広いー

f:id:dfn:20070722141901j:image
全面ガラス張り?

f:id:dfn:20070722171213j:image
ゲームに出てきそうな外観の建物

f:id:dfn:20070722192825j:image
アトランタのアムトラック駅。小さっ。

f:id:dfn:20070722193820j:image
駅前のカフェ本屋

f:id:dfn:20070722205138j:image
本棚と椅子

f:id:dfn:20070722214108j:image
駅の中庭で列車を待つ

f:id:dfn:20070722214604j:image
通った貨物列車。長い。500m ぐらいあるんじゃなかろうか。

f:id:dfn:20070722215931j:image
自販機で売られてたサンドウィッチ。まずそう…。

f:id:dfn:20070722215957j:image
初めて緑茶缶を見た

f:id:dfn:20070722224021j:image
アムトラックへ乗り込む