A Day in the Life

2007年07月16日

ニューオリンズ十四日目 月曜日
今日はホテルチェックアウトの日。昨晩ビール二本も飲んだせいか、体が重く感じる。外は雨。次のホテルのチェックインまでぶらぶらして過ごそうと思ったのに!
のでチェックアウト後は、ホテルから徒歩三分、屋根のあるカナルプレイスにとりあえず行ってみた。ってここの三階にレストランフロアあるじゃん!近っ。しらなかったよ…。またまた別の中華のチェーン店でブランチを。ここはフォーチューンクッキーが付いてきた。中華のあと、ちょっとだけ食べると口直しにいいな。占いの内容はなんだか忘れた!だめじゃん。そういえばフォーチューンクッキーって良い内容のことしか書いてないよね。悪いことが書いてあったらへこむし、怒る客もいそうだ。
その後はスタバでアイスコーヒーを、って頼んだら牛乳が出てきた。あれ。あれれ。もうスタバなんて嫌いだ。たぶんアイスコーヒーというのが通じなくて、ホームミルク?みたいにきかれたときに俺が yes (アイスコーヒーにミルク入れるのかと思った)つったから、ああこの客は牛乳頼んだんだな、みたいなプロセスだろう。俺の英語出来なさにがっかり。雨がやむまでカナルプレイスで本を読む。本は大西先生のハートの英会話(NHK3か月トピック英会話 ハートで感じる英文法 会話編 (語学シリーズ―NHK3か月トピック英会話))。安いしわかりやすいし面白いし良書!これを読むと英文法が何となくわかった気分になるから不思議だ。心の清涼剤。しかしながら建物の中は寒い。途中で寒くなりすぎたのでフリースを着る。それでもまだちょっと寒いよ。
雨がやんだので、フレンチクオーターをぶらぶら。するとまた雨が降ってきそうになったので、数日前に行ったカフェに。このカフェはWiFiタダでつなぎ放題だし、そこらへんにコンセント(英語だと power outlet。何度も間違ったので覚えた)があるので、ラップトップを開いてる人が多い。アメリカってみんな MacBook だとおもってたら、MacBook の人なんて一人しか居なかった。ベイアリアとか、ニューヨークとか、一部の都市だけなのかなぁ、MacBook。んで自分もラップトップをちょっと使っていたら、となりのおじさんが「そのパソコン、どれぐらいふるいの?」「oh, ThinkPad はクールだね」みたいに話しかけてきたのでちょっと会話。おじさんの ComPaq のラップトップは Win98 あたりの世代のだ。すごいなぁ、長く使ってるんだなぁ。
さてチェックイン時間になったので次のホテルに移動。いかにもフレンチクオーターな建物だ。ベランダから垂れ下がるプランター。外から見たときは三階建てぐらいかな、と思ってたのだけど実際は五階建て。えええ。五階の部屋の鍵を渡される。しかし震度五ぐらいの地震でもつぶれそうな建物だなぁ。地震が来ないからこういう作りなんだろうけど。部屋はアメリカ慣れしてると、ユニットバスが狭いなぁと感じた。日本のユニットバスぐらいのぐらいのサイズ。やっぱりハンガーやアイロンやアイロン板はある。どこのホテルもこうなのか。歯ブラシや髭剃りはなかった。

新しいホテル風景。
f:id:dfn:20070718131938j:image
f:id:dfn:20070718131929j:image
f:id:dfn:20070718132033j:image
中庭ー。