A Day in the Life

WSL 環境で、環境変数 BROWSER をセットすると便利

WSL 環境(というか Linux)では、ENV['BROWSER'] を見て開くブラウザを決定している実装が多い(たぶん)。たとえば WSL2 側の gh pr create --web コマンドで Windows 側のブラウザで Pull Request 編集画面が立ち上がってほしいので、ENV['BROWSER'] をセットしておく。

export BROWSER="pwsh.exe /c start"

で、Windows 標準のブラウザが立ち上がるはず。あわせて読みたい: WSL 上で macOS の open コマンドのような挙動

これ系の WSL 依存のものは、WSL 環境かどうか判定して、その環境だったら ~/.zsh/wsl を読み込む、みたいなことを雑に行っている。

# WSL?
if [ -d "/mnt/c" ]; then
  source $HOME/.zsh/wsl
fi

まともにやるにはどんな方法があるのかなとちょっとググったら、[shell] WSL かどうかを判別する の判定方法が面白かった。/proc/sys/fs/binfmt_misc/WSLInterop なんて proc が存在するんだ。