A Day in the Life

新しいロボット掃除機 Kyvol E30

今使っているロボット掃除機は、今の部屋に住むまではでは大きな不満もなく使っていたのだけど、今の部屋ではきちんと掃除が完了する率が30%ぐらいになってしまい、掃除を開始して部屋を出て戻ると大体途中で乗り上げて止まってしまっている。 具体的な掃除が停止するポイントは以下。

  • アーロンチェアの下にハマって動けなくなる。これは以前の部屋でも起きていたのだけど、下に厚い書籍などを入れると入り込まなくなって回避できるが、毎回それをするため面倒。
  • イケアのアームチェアの足に乗り上げる。これがしょっちゅう発生する。回避策は特に無い。

そして手動で戻したときにうまく充電されない(カチッとハマるまで戻す必要がある)ことがあることもあって、小さな不満も溜まってきたため、新しいロボット掃除機 Kyvol E30 を買ってみた。値下げクーポン使って約21,000円。購入後分かったけど、レビューを書くと更に2000円 Amazon ギフト券がもらえる、なるほど購入したユーザの高評価…。

Alexa 対応としか書いてなかったのけど、Google Home にも対応していて「OK Google、掃除をして」で掃除が開始される。物理ボタンを押さなくて良いのは楽だね。数回使ったけど今の所乗り上げることもなく、掃除完了率100%。スマフォアプリから掃除開始できる(外に出たときに、あっ、掃除機スタートしとけばよかった、と思うことが時々ある)し、部屋の掃除をした場所のマッピングや掃除をした時間と面積が表示されるのも、そのうち見なくなるんだろうけど楽しい。 不満点はしいてあげるなら、フロントのゴミ取り出し口の色がオレンジ(ダークカラーで統一してほしかった)ぐらいだろうか。

今の所、値段を考えると十分満足してる。ロボット掃除機はここ10年で圧倒的に価格が下がった部類なのだろうけど、2万円でもこの性能とは価格競争バンザイである。


2020/12/09 追記 4ヶ月ほど使ってみて、20畳ぐらいの部屋でうまく充電ステーションに戻れない失敗率は10%ぐらい。めちゃくちゃ低いほどでもないけど、時々充電ステーションに戻るのに失敗している。なお、掃除自体は完了していて、帰る途中で迷子になっているようだ。

また、充電ステーションが軽いため、自分で充電ステーションを動かしてしまうことが時々あって(5%ぐらいか)、位置をセットし直す必要があることがある。こまかな不満点はそれぐらいで、とりわけ大きな不満もなく値段を考えると十分満足してる。

撮影機材PEN-F/OLYMPUS M.45mm F1.8

関連するかもエントリー

イメージセンサの掃除・Inoreader / 2020年11月19日
午前中は塵が多く、霧がかった空気。環境省大気汚染物質広域監視システム そらまめ君 (可愛らしいサイト)では過去一週間の1時間ごとのログが見れるので確認してみると、青空が広がっていた日はPM2.5などはほぼ無く、霧がかってる、と感じた日にはそこそこ(黄緑~オレンジ)ぐらいはあるよう...
午前中は塵が多く、霧がかった空気。環境省大気汚染物質広域監視システム そらまめ君 (可愛らしいサイト)では過去一週間の1時間ごとのログが見れ...