A Day in the Life

三日目

ニューオリンズ二日目・天気は曇り時々晴れのち雨のち曇り
朝食は昨日に引き続き cafe du monte でベニエとアイスカフェオレ。アイスカフェオレが Iced カフェオレとアイスドな表記になってた。そういうもんだっけ。その後ミシシッピー川河川敷の遊歩道をぶらぶら散歩してたら、遊覧船のナッチェス号からリコーダぽいオルガンの音楽が。行ってみたら11:30からクルージングということでチケット買って搭乗。
今日も蒸し暑い感じだったんだけど、船が動いてからは風が涼しくてめっちゃ心地いい。英語のアナウンスの説明はもちろんほとんど聞き取れなかったんだけど、川沿い見ているだけで楽しいわぁ。カトリーナの被害にあったであろう船着き場や民家が見れて、未だに半壊したままたくさん残ってた。川を上っていったんだけど、コンビナートか工場が建ち並び始めたあたりでUターン。でで、その頃からパラパラ雨が降り出してきたと思ったら突然の豪雨。さすが亜熱帯(だよね?)の雨期。雷もそこら辺に落ちてて稲妻が見えてた。なので後半は船内の窓越しに外を見ることになってしまいちょっと残念。クルージングが終わった頃には雨も弱まってて一安心。ほとんどの観光客が傘も差さず歩いていった。東京ならほとんどの人が傘を差すであろう雨でも、差さない7割カッパ(フレンチクオーターのロゴが入った使い捨てっぽいビニールカッパが多かったけど)2割傘1割ぐらいだった。みんな雨に慣れてるからなのかなぁ。
その後ちょっと昼寝して17:00ごろ夕飯を探し外に。まだパラパラ雨が降っていたので近くのサブウェイでテイクアウト。日本と変わらないオーダー方式!安心!(日和りました)
夕飯を部屋でとった後夕寝したら20:00すぎに目が覚める。あんまり頭が働かなかったのでぼっーと夜だけど歩いてバーボンストリートへ。怖そうだったらすぐ引き返そうと思ってたんだけどカナルストリートは夜でも全然安全だった。明るいし、結構見せ開いてるしそこら辺にパトカー止まってるし。でバーボンストリートをぶらぶら歩いてブラスを含んだバンドがスタンダードなファンクやソウルやブルースを演奏している店へ。ブラス大好き。店内にはいると1チャージで座って聴きほうだい。一時間ちょっとビールの見ながら聴く。結構お客がノリノリでフロアで踊ってたりして雰囲気も楽しい!
演奏が一区切りついた22:00すぎにホテルへ帰宅。22:00すぎでも全然ホテルへの道のりは人も多いし店も開いてるしパトカーもいるし安全だった。一昨日タクシーで23:30ごろ来たときは、やたらカナルストリートが人通りも少なく、暗いイメージだったんだけどなぁ。
今日の英会話・カフェでトイレ待ってて、入り口が一つ、個室が男女用それぞれ一つの個室だったんだけど、前の男性が女性に「Lady's open.」といって女性の個室開いてるよ、と女性に教えてたので、こう云うのかーと俺も全く同じシチュエーションになったので「れでぃーずおーぷん」つったら怪訝そうな顔をされてもう一度云ってもさっぱり通じなかった!なぜ!(はつおんがわるいからですたぶん。ladyはレイディーなんだけどレディーと云ったからだとおもう)
f:id:dfn:20070705134912j:image
船からの景色。物の見事に川沿いのが全壊。
f:id:dfn:20070705135042j:image
入り口の壁以外は全壊。横から見ると真っ平らだった。
f:id:dfn:20070705141745j:image
コンビナートあたり。もくもくスモッグ!